生年月日データベース

ハーブ・アルパートHerbert “Herb” Alpert

ミュージシャン[アメリカ]

1935年 3月31日 生 (満83歳)

ハーブ・アルパート - ウィキペディアより引用

ハーブ・アルパート(Herb Alpert, 1935年3月31日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のポップ・ジャズ・トランペッター、コンポーザー、ザ・ティファナ・ブラス(The Tijuana Brass)のリーダー。
また、A&Mレコードの創始者の一人である。
なお、A&Mの"A"はアルパート(Alpert)を指す。
ニッポン放送系の深夜ラジオ番組、『オールナイトニッポン』のテーマソングとして「ビター・スウィート・サンバ」が長年使われている。
バイオグラフィ A&M設立まで ユダヤ系ルーマニア人を両親に持つ。
8歳よりトランペットを習い始め、10歳代にダンスを踊るようになる。
1952年にフェア・ファックス高校を卒業後、アメリカ軍に入隊し軍の式典でパフォームするようになる。
除隊後、一旦は役者の道を歩もうとしたが、最終的に音楽家としての道を進む事を決めた。
1950年代に南カリフォルニア大学に在籍していた間、トロジャン・マーチング・バンド(Trojan Marching Band)に2年間参加した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Herb Alpert1935年3月31日、ロサンゼルス生まれ。8歳から演奏を始めたトランペット奏者で、また優秀なアレンジャーにしてソングライター、同時に優れた企業家といった側面をもつ。(A&Mレコードの創業者の一人) ルー・アルドラーとサム・クックのヒット曲「Wonderful World」を共作し、サーフィン・デュオのジャン&ディーンのプロデュースで成功。その後ルー・ロウルズとの短い共同活動に終止符を打ち、役者になる夢に敗れた後、プロモーター兼プロデューサーのジェリー・モスと手を組み、62年に<A&M] Record>(AlmoとMossの頭文字を取った)を設立した。 バックにザ・ティファナ・ブラスをフィーチャーした「The Lonely Bull」のヒットと共に彼の輝かしいレコーディング・キャリアは幕を開けたが、以降もハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラスとして「Taste Of Honey」「Tijuana Taxi」「Spanish Flea」「Casino Royale」といった多くのインストゥルメンタル・ナンバーをヒットさせ、60年代のアルバム・ヒット・チャート常連となっている。また常に時代の潮流を読み、ニッチな音楽マーケットを開拓することにたけていたアルパートは、セルジオ・メンデス&ブラジル'66のプロデュースでも成功。68年には珍しく自らがヴォーカルをとったバート・バカラックのナンバー「This Guy's In Love With You」で全米No.1ヒットを記録している。 その間にも、<A&M Record>はその規模を拡大。60年代後期にはロックの分野にも手を広げ、フライング・ブリトウ・ブラザーズ/ジョー・コッカー/キャロル・キング/レオン・ラッセルといったアーティストを擁した。なかでも特筆すべきは7 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ティファナ
  • ブラス
  • アルパート
  • ハーブ
  • 名義
  • オールナイトニッポン
  • グラフィ
  • ディスコ
  • ニッポン放送
  • バイオグラフィ
  • レコード
  • ロサンゼルス
  • 影響
  • 日本
  • 深夜
  • 解散
  • 設立
  • コンポーザー
  • サンバ
  • ジャズ
  • スウィート
  • ソロ
  • ソング
  • テーマ
  • トランペッター
  • ビター
  • ホール
  • ポップ
  • ラジオ
  • ラニ
  • リーダー
  • 一人
  • 共演
  • 出身
  • 創始者
  • 放送
  • 番組
  • 長年