誕生日データベース

カルロ・ルビアCarlo Rubbia

物理学者[イタリア]

1934年 3月31日

カルロ・ルビア - ウィキペディアより引用
カルロ・ルビア(Carlo Rubbia、1934年3月31日 - )はイタリアの物理学者。
1984年のノーベル物理学賞受賞者。
ゴリツィア出身。
ピサの Scuola Normaleで宇宙線の研究をした後1958年ころ渡米しコロンビア大学でミューオンの実験に加わる。
1960年頃、ヨーロッパに戻り、新設された欧州原子核研究機構(CERN)で弱い相互作用に関する実験を行った。
1970年にハーバード大学の教授になったが、ヨーロッパとの間を行き来してCERNでの仕事を続けた。
1976年に陽子と反陽子を同一のリング中で加速するSuper Proton Synchrotron (SPS)の製作を指導した。
SPSは1981年から稼動し、1983年1月にUA1検出器でWボソンの生成されたことを発表した。
2ヶ月後にはZボソンも観測された。
1984年、カルロ・ルビアはシモン・ファンデルメールとともに、ノーベル物理学賞を受賞した。
史上、発見から受賞までが最も短いノーベル賞受賞となった。
1989年にはニューサウスウェールズ大学よりディラック・メダルを受賞。

■ 関連書籍

連想語句
  • 大学
  • ボソン
  • 受賞
  • 加速器
  • オン
  • コロンビア
  • ゴリツィア
  • シモン
  • ディラック
  • ニューサウスウェールズ
  • ノーベル
  • ハーバード
  • ピサ
  • ファンデルメール
  • ミュー
  • ヨーロッパ
  • ルビア
  • 原子核
  • 実験
  • 機構
  • 欧州
  • 燃料
  • 物理学賞
  • 臨界
  • 陽子
  • 駆動
  • ころ
  • カルロ
  • ジェネラル
  • ディレクター
  • トリウム
  • ノーベル賞
  • メダル
  • リング
  • 中性子
  • 事故
  • 仕事
  • 作用
  • 出身
  • 加速
  • 半減期
  • 原子炉
  • 反陽子
  • 受賞者
  • 史上
  • 同一
  • 宇宙線
  • 廃棄物
  • 指導
  • 提案
  • 放射性
  • 教授
  • 新設
  • 暴走
  • 検出器
  • 構想
  • 渡米
  • 生成
  • 発生
  • 発表
  • 発見
  • 相互
  • 稼動
  • 行き来
  • 製作
  • 観測