誕生日データベース

ルイス・アパリシオLuis Aparicio

メジャーリーガー[ベネズエラ]

1934年 4月29日

ルイス・アパリシオ - ウィキペディアより引用

ルイス・エルネスト・アパリシオ・モンティエル(Luis Ernesto Aparicio Montiel, 1934年4月29日 - )は、ベネズエラのマラカイボ出身の元メジャーリーグベースボール選手(遊撃手)。
右投げ右打ち。
ニックネームは"Little Louie"(リトル・ルーイ)。
父もベネズエラで遊撃手として活躍した野球選手だった。
また、アパリシオの叔父と共にウィンターリーグのチームを所有していた。
1954年にシカゴ・ホワイトソックスに入団し、1956年にMLBデビュー。
新人ながら152試合に出場して打率.266を残し、21盗塁で盗塁王にもなった。
その結果として、新人王を獲得する。
その後は打撃こそ一流とは言えないものの(打率3割は1度だけ)、俊足好守の遊撃手として活躍し、39歳で引退する1973年まで18年続けてレギュラーで出場。
出場試合数も最少が1972年の110試合と、安定感もあった。
アウトになった回数8110回は歴代11位という不名誉な記録も作ってしまっているが、18年連続でレギュラーだっただけのことはあって、通算2601試合は歴代35位、通算10230打数は歴代20位、通算506盗塁は歴代34位、盗塁王9回、ゴールドグラブ賞9回、オールスター選出10回などといった輝かしい記録も数多く残している。

Luis Aparicio 60年代のMLB選手。 右投右打、ポジションは遊撃手。背番号は11番。 1934年4月19日生まれ。ベネズエラ・ボリバル共和国マラカイボ出身。 1956年、渡米しシカゴ・ホワイトソックスに入団。同年、新人王を獲得。 走攻守三拍子揃った遊撃手として、ネリー・フォックスと二遊間コンビを組み活躍。 1950年代から1960年代にかけてホワイトソックスを支えた。 1963年、ボルチモア・オリオールズに移籍。 1968年、シカゴ・ホワイトソックスに復帰。 1971年、ボストン・レッドソックスに移籍。 1973年、現役引退。 盗塁王を9度獲得。 ホワイトソックス最高の名選手であり、ベネズエラ共和国最大の英雄である。 1984年、MLB野球殿堂入り。 殿堂入りが決定した際は国内ウィンターリーグすべての試合が中断され、国歌と共に功績を称えた。 同年、背番号11番がシカゴ・ホワイトソックスの永久欠番となる。 2005年、ホワイトソックスがワールドシリーズに出場の際、第1戦で始球式を行った。 2006年、ワールド・ベースボール・クラシック開催に伴い、 背番号11番がベネズエラ代表の永久欠番となる。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アパリシオ
  • スタイル
  • セルラー
  • タイトル
  • フィールド
  • プレー
  • プロ野球
  • ベネズエラ
  • マラカイボ
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 獲得
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 遊撃手
  • 選手
  • 関連
  • エルネスト
  • シカゴ
  • ニックネーム
  • ホワイトソックス
  • モンティエル
  • リトル
  • ルイス
  • ルーイ
  • 出身
  • 右打ち
  • 右投げ
  • 拡大
  • 本拠地