誕生日データベース

島野育夫

プロ野球選手、監督[日本]

1944年 3月30日

島野 育夫(しまの いくお、1944年3月30日 - 2007年12月15日)は、栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手(外野手)、コーチ、監督、野球解説者。
長男は元競輪選手の島野敦識(日本競輪学校第74期生、2013年引退)。
コーチ時代は相手の癖を盗む特技を生かし、球界屈指の名参謀と言われていた。
三宅博も著書の中でセンスを持ったクセ盗みの名人と記している。
特に星野仙一との監督・コーチコンビでは中日ドラゴンズ・阪神タイガースで優勝を経験しており、低迷期の長かった阪神にあっては島野が在籍していた時期は最下位になったことは一度もなかった。
作新学院では1961年に1学年下の八木沢荘六、高山忠克らとともに第33回選抜高等学校野球大会に出場。
作新学院は春の選抜初出場であった。
2回戦で高松商に敗退。
卒業後は社会人野球の明電舎に進む。
1962年の都市対抗東京都予選準決勝に進むが、船田和英のいた北洋水産に敗れる。
1963年に中日ドラゴンズへ入団、俊足好打の外野手として期待される。
1965年には一軍に定着するが、当時の中日は江藤慎一、中暁生、葛城隆雄ら外野手の層が厚く、準レギュラーにとどまる。

■ 関連書籍

連想語句
  • コーチ
  • プロ野球
  • 監督
  • 野球
  • 三宅博
  • 中日ドラゴンズ
  • 出演
  • 外野手
  • 宇都宮市
  • 島野
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 星野仙一
  • 栃木県
  • 背番号
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • 阪神タイガース
  • いくお
  • しま
  • クセ
  • コンビ
  • センス
  • 一度
  • 低迷期
  • 優勝
  • 出身
  • 参謀
  • 名人
  • 在籍
  • 屈指
  • 時代
  • 時期
  • 最下位
  • 特技
  • 球界
  • 相手
  • 経験
  • 育夫
  • 著書
  • 阪神