生年月日データベース

島倉千代子

歌手[日本]

1938年 3月30日

島倉千代子 - ウィキペディアより引用

島倉 千代子(しまくら ちよこ、1938年(昭和13年)3月30日 - 2013年(平成25年)11月8日)は、日本の演歌・歌謡曲歌手である。
出身は東京府東京市(現:東京都)品川区北品川、学歴は日本音楽高等学校卒業。
愛称は「お千代さん」。
デビュー以前 1938年、東京市品川区に警察官の父・島倉壽雄(としお)、母・ナカの二男四女の四女として生まれる。
1945年、7歳、長野松本市へ疎開。
井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、左手首からひじまでを損傷。
母・ナカが「女の子だから(腕を)残して欲しい」と医師に懇願し、切断は免れたが、感覚も無く、動かすこともできなくなる(後に不自由ながらも動かすことができるようになる)。
この時の輸血がのちに千代子が患ったC型肝炎の遠因となった。
気持ちの沈んだ千代子のために母・ナカは「リンゴの唄」を聞かせるようになる。
後に「この世の花」で歌手デビューを遂げた千代子だが、「この世の花」の作曲は「リンゴの唄」の作曲と同じく万城目正によるもの。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の女性演歌・歌謡曲歌手。1938年3月30日生まれ、東京都出身。 最大のヒット曲は「人生いろいろ」(浜口庫之助)とされる。レパートリーは演歌・歌謡曲だけにとどまらず、小田和正を初めとする、ニューミュージック系の曲で固めたアルバムや、山崎ハコのようなフォーク系のミュージシャンとコラボレーションもあった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • 品川区
  • 東京都
  • 音楽
  • しまくら
  • ちよこ
  • 出身
  • 別名
  • 千代
  • 千代子
  • 学校
  • 学歴
  • 島倉
  • 死没
  • 生誕
  • 高等