生年月日データベース

堤清二つつみせいじ

経営者、元 セゾングループ代表、作家・辻井喬[日本]

1927年 3月30日

2013年 11月25日 死去肝不全享年87歳
堤清二 - ウィキペディアより引用

堤 清二(つつみ せいじ、1927年3月30日 - 2013年11月25日)は、日本の実業家、小説家、詩人。
学位は博士(経済学)(中央大学・1996年)。
筆名は辻井 喬(つじい たかし)、横瀬 郁夫(よこせ いくお)。
日本芸術院会員、財団法人セゾン文化財団理事長、社団法人日本文藝家協会副理事長、社団法人日本ペンクラブ理事、『歴程』同人、憲法再生フォーラム共同代表、日本中国文化交流協会会長。
グスタフ・マーラーにも造詣が深い。
西武流通グループ代表、セゾングループ代表などを歴任した。
弟は元西武鉄道会長の堤義明。
本稿では編集の都合上、「実業家:堤清二」と「小説家・詩人:辻井喬」の両者としての経歴を包括している。
1927年、西武グループの創業者堤康次郎と、康次郎の妾(後に本妻)・青山操の間に生まれる。
青山は当時康次郎と内縁関係にあったが(のち入籍)、康次郎は5人の女性との間に5男2女を持つ。
この事は父への反抗につながり、日本共産党入党や文学への傾倒へのきっかけとなっていく。
また「父との確執と、父への理解」は、「小説家・辻井喬」を貫くテーマともなっている。

■ 関連書籍

】 [1927~2013]実業家・小説家。東京の生まれ。東大卒。康次郎の次男。昭和29年(1954)西武百貨店に入社。昭和41年(1966)社長に就任。以後、西友・パルコ・クレディセゾンなどを展開し、セゾングループを形成。また、辻井喬(つじいたかし)の筆名で小説家としても活躍。「虹の岬」で谷崎潤一郎賞、「父の肖像」で野間文芸賞受賞。平成24年(2012)文化功労者。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 法人
  • グループ
  • 協会
  • 理事
  • 社団
  • セゾン
  • 代表
  • 会長
  • 文化
  • 財団
  • クラブ
  • ペン
  • 中国
  • 中央大学
  • 交流
  • 会員
  • 刊行
  • 博士
  • 堤義明
  • 学位
  • 家族
  • 小説家
  • 文藝
  • 日本芸術院
  • 歴程
  • 流通
  • 筆名
  • 経済
  • 著作
  • 西武
  • 西武鉄道
  • 親族
  • 詩人
  • たかし
  • つじい
  • フォーラム
  • 共同
  • 再生
  • 副理事長
  • 同人
  • 憲法
  • 歴任
  • 異母
  • 辻井