生年月日データベース

古澤憲吾ふるさわけんご

映画監督[日本]

1919年 3月30日

1997年 1月16日 死去享年79歳

古澤 憲吾(ふるさわ けんご、1923年3月30日 - 1997年1月16日)は、日本の映画監督。
佐賀県鳥栖市出身。
クレージー映画や若大将シリーズでのクレジットタイトルで、画面の奥から名前が飛び出してくるような特殊なクレジットを使ったり、空撮の多用、劇中で軍艦マーチを流したりする独特の作風で知られる。

1943年に日本大学専門部美学科を卒業し、東宝に入社。
同年、大日本帝国海軍 海軍の航空戦隊に入隊。
復員後、東宝に戻り、渡辺邦男に師事するが、やがて撮影所は東宝争議で混乱。
渡辺が撮影所内で結成していた右派集団「菊旗同志会」のメンバーであった古澤は、反共派の急先鋒として、組合と外部の支援者との連絡を遮断するために、師である渡辺にも無断で、電話交換室に押し入って電話線を切断するなどの騒動を起こす。
結果、この行為が東宝労組の分裂(第三組合の結成)の契機となり、新東宝の発足に繋がって、1947年、渡辺、市川崑らと共に新東宝に移る。
しかしその後、兄貴分であった市川が会社と揉め、新東宝を退社して東宝に復帰したのに伴い、古澤も東宝に戻った。

■ 映像作品

■ 音楽作品

映画監督。 1919年(大正8年)3月30日、生まれ。1997年(平成9年)1月16日、死去。 クレイジーキャッツが出演する喜劇映画を中心に活躍。「若大将」と「無責任」で東宝に一時代を築く。豪快な性格だったそうな。 着ているもの、上から下まで全部白ずくめで、黒いサングラスを着け、白馬に乗って撮影所に現れた、という伝説もあるそう。 ニック・ネームの「パレさん」は、第二次大戦中に落下傘部隊の一員としてパレンバンに降下した時の話を好んでしたことから。そのせいか、無意味な上からの「空撮」も好きだったよう。 テレビ映画「流星人間ゾーン」「小さなスーパーマン ガンバロン」にも演出で参加。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • 昭和
  • 作品
  • 東宝
  • 加藤
  • 戦闘
  • 映画
  • テレビ
  • 佐賀県
  • 卒業
  • 山本嘉次郎
  • 市川崑
  • 日大
  • 日本大学
  • 松林宗恵
  • 海軍
  • 渡辺邦男
  • 関連
  • 鳥栖市
  • 入社
  • 入部
  • 入隊
  • 出身
  • 助監督
  • 参加
  • 同年
  • 大日本
  • 専門
  • 帝国
  • 復員
  • 復学
  • 復帰
  • 戦隊
  • 美学科
  • 至上命令
  • 航空
  • 製作
  • 陸軍省