誕生日データベース

嶋田美樹しまだみき

バレーボール選手[日本]

1983年 3月29日

嶋田 美樹(しまだ みき、女性、1983年3月29日 - )は、日本の元バレーボール選手。
和歌山県新宮市出身。
ニックネームはミキ。
小学校5年生からバレーボールを始める。
四天王寺高校入学時には身長が180cmを超え、将来の全日本選手として嘱望されていた。
春高バレー・インターハイ等に出場し、1999年世界ユース選手権で優勝を経験。
当時東洋紡の監督をしていた柳本晶一に注目され、2001年に入社した。
2002年、東洋紡が廃部となり、V1リーグ(チャレンジリーグ)の三洋電機大阪に移籍。
2005年、第7回V1リーグでチーム初優勝に貢献し、V1チーム所属選手史上初の全日本代表に選出。
同年のワールドグランプリ、アジア選手権に出場した。
2006年、第8回V1リーグにおいて3年連続ブロック賞を受賞。
同年、プレミアリーグの日立佐和リヴァーレに移籍した。
2006/07シーズンからはプレミアリーグに舞台を移し活躍する。
2007/08シーズンは故障により戦線を離脱していた。
2008/09シーズンから復帰したがその年のプレミアリーグでは最下位に終わった。

「嶋田美樹」と関連する人物

柳本晶一
連想語句
リーグ東洋紡チームバレーボール学校所属高等オーキスチャレンジ三洋電機優勝全国受賞歴四天王寺新宮市柳本晶一球歴インターハイニックネームバレーミキユースレッドソア世界体育大会入学入社全日本出場出身初優勝嘱望大会大阪将来小学校廃部当時春高注目監督移籍経験総合貢献選手選手権選抜高校

↑ PAGE TOP