生年月日データベース

宇佐美大輔うさみだいすけ

バレーボール選手[日本]

1979年 3月29日

宇佐美 大輔(うさみ だいすけ、1979年3月29日 - )は、秋田県横手市出身の日本の元男子バレーボール選手。
ポジションはセッター。
Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズに所属していた。
沼館小学校時代はミニバスケットボールをしていた。
当時から身体能力が高く、5年生ながらレギュラーに定着していた。
同じチームの1つ上の学年にはトヨタ アルバルク所属の半田圭史がいた。
父(秋田県立雄物川高等学校元校長)の勧めでバレーボール(十文字クラブ)を始める。
高校時代まではアタッカーをしていたが、東海大学時代から本格的にセッターを始める。
2001年に全日本代表に初選出され、大学卒業後の2002年にNECブルーロケッツへ入団した。
現役時代は抜群の身体能力を生かしたトスワークが特徴であった。
2003年ワールドカップ、2004年アテネオリンピック世界最終予選には全日本の司令塔として出場、2005年の植田代表監督就任後の新生全日本にも招集されたが指導者の父の跡を継ぐために現役を引退して地元秋田へ帰郷することを決意し、2006年の全日本代表を辞退。

■ 関連書籍

バレーボール選手。 1979年3月29日生まれ、秋田県平鹿郡雄物川町(現横手市)出身。 秋田県立雄物川高校→東海大学→NECブルーロケッツ→松下電器パナソニックパンサーズ 高校時代まではアタッカーをしていたが、大学時代からはセッター。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • バレーボール
  • セッター
  • 所属
  • チーム
  • 時代
  • バスケットボール
  • パナソニック
  • パンサーズ
  • プレミア
  • リーグ
  • 全日本
  • 半田
  • 受賞歴
  • 圭史
  • 学校
  • 時期
  • 東海大学
  • 球歴
  • 男子
  • 県立
  • 秋田
  • 雄物川
  • 高等
  • アタッカー
  • アル
  • クラブ
  • トヨタ
  • バルク
  • ポジション
  • ミニ
  • レギュラー
  • 十文字
  • 学年
  • 定着
  • 小学校
  • 当時
  • 校長
  • 沼館
  • 能力
  • 身体
  • 選手
  • 高校