生年月日データベース

金村修かねむらおさむ

写真家[日本]

1964年 3月29日 生 (満54歳)

金村修(かねむら おさむ、1964年3月29日 - )は日本の写真家。
モノクロでソリッドな都市の風景を得意とする。
東京都立立川高校入学後、学校のトイレでシンナーを吸っているところを教師に見つかり、退学。
ミュージシャンを目指し、最初はキャバレーのバンドマンになる。
25歳で友人に勧められイメージフォーラム映像研究所にて映画を学ぶ。
アダルトビデオの撮影のアルバイトをしながら東京綜合写真専門学校で写真家 鈴木清に写真を学ぶ。
また、ここで春日昌昭の写真に感銘を受け都市の風景を撮るようになる。
卒業後、母校の東京綜合写真専門学校などで講師をしたり、駅売店への新聞配送などをしながら写真を発表する。
自身のワークショップを開くなど、後進の指導も積極的に行っている。
1964年、東京都杉並区高円寺生まれ。
1986年、イメージフォーラム映像研究所卒業。
当時の映像作品(主に8ミリフィルム)では、自らが作品内で行うパンクロック風のパフォーマンスに因る表現が主調であった(実際、パンクロックバンドを結成し演奏活動をしていた)。

■ 関連書籍

かねむらおさむ(1964―) 写真家。東京都杉並区生まれ。都立立川高校中退後、パンク系ロック・バンドを結成、演奏活動を行う一方、1985年(昭和60)イメージ・フォーラム付属映像研究所で映画制作を学び翌年卒業。92年(平成4)東京綜合写真専門学校研究科在学中に、ロッテルダム写真ビエンナーレの出品作家に選ばれる。同校では特に鈴木清(1943―2000)に師事、写真家としての生き方に強い影響を受ける。また、ウジェーヌ・アッジェ、桑原甲子雄(くわばらきねお)、春日昌昭(まさあき)(1943―89)、リー・フリードランダーといった作家による、内外の都市風景写真に多くを学ぶ。93年、東京綜合写真専門学校研究科卒業、東京・銀座のニコンサロンで初の個展開催。96年MoMA(ニューヨーク近代美術館)の「ニュー・フォトグラファーズ」展に出品、国内よりもむしろ、まず欧米での評価が先行した。97年以降、横浜美術館(1997)、東京国立近代美術館(1998)、オランダ、クレラー・ミュラー美術館(2001)など内外での数多くのグループ展に出品、99年に川崎市市民ミュージアムで回顧展「BlackParachuteEars1991-1999」を開催する。金村の写真は、90年代以降のバブル経済崩壊後の東京の街路を、驚きと冷徹さとを兼ね備えたまなざしでとらえる点に特徴がある。彼の固執する都市の要素は一貫しており、林立する電柱やもつれて伸びる電線、けばけばしい文言をふりかざす広告板、路地や車道の思いがけぬ歪み、建築物の不規則な重なりなど、都市空間に散見される無秩序な断片が、絶えず抽出される。従来の日本の都市を撮影する写真家は、情緒的な下町、猥雑な盛り場、現 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 写真
  • 学校
  • 東京
  • アダルトビデオ
  • アルバイト
  • イメージ
  • フォーラム
  • 写真家
  • 専門
  • 日本カメラ
  • 映像
  • 映画
  • 研究所
  • 立川
  • 綜合
  • 著書
  • 連載
  • 都立
  • 鈴木
  • 関連
  • ここ
  • ところ
  • キャバレー
  • シンナー
  • トイレ
  • バンドマン
  • ミュージシャン
  • 入学
  • 友人
  • 撮影
  • 教師
  • 昌昭
  • 春日
  • 最初
  • 退学
  • 高校
  • 高等