生年月日データベース

石田和雄いしだかずお

将棋棋士[日本]

1947年 3月29日

石田 和雄(いしだ かずお、1947年3月29日- )は、将棋棋士、九段。
2012年、引退。
棋士番号は97。
愛知県岡崎市出身。
板谷四郎九段門下。
竜王戦1組通算1期、名人戦A級通算4期。
棋歴 関西奨励会において6級で指し始め、僅か5か月で3級、2年で初段。
そこから20勝1敗で三段に昇段。
関西三段リーグを4期で抜けてプロデビュー。
「岡崎の天才児」と呼ばれた。
1967年のプロ入り後も勢いは止まらず、1年目から順位戦で2年連続昇級し、B級2組へスピード出世。
1972年度、第3回新人王戦で、桐山清澄との決勝三番勝負を2-1で制し、棋戦初優勝。
同棋戦では、4年後にも優勝(決勝で森安秀光を2-0で破る)。
1973年度(第23期)と1977年度(第28期)の王将戦でリーグ入り。
しかし、残留はできなかった。
当時の王将リーグは今より定員が1人多い8人によるリーグ戦だったが、定員の半数にあたる成績下位の4人が陥落となる難関であった。
1979年、順位戦A級へ昇級し、3期在籍する。
石田が昇級した頃のA級には師匠の次男・板谷進がいたが、2年間で石田の2勝0敗であった。

■ 関連書籍

将棋のプロ棋士。 1947年3月29日生。 愛知県岡崎市出身。 (故)板谷四郎九段門下。 アマチュアへの普及に熱心。 盤面の状況の悪さを嘆きながら、扇子で自分の頭をなぐる 《ボヤキ節》として有名。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 成績
  • 棋歴
  • 通算
  • 棋士
  • クラス
  • 中学校
  • 優勝
  • 受賞
  • 名人
  • 在籍
  • 将棋
  • 履歴
  • 岡崎
  • 岡崎市
  • 市立
  • 愛知県
  • 昇段
  • 明大寺町
  • 板谷四郎
  • 棋戦
  • 棋風
  • 番号
  • 竜海
  • 竜王
  • 著書
  • 関連
  • 卒業
  • 引退
  • 門下