生年月日データベース

ワーナー・バクスターWarner Baxter

俳優[アメリカ]

1889年 3月29日

1951年 5月7日 死去肺炎享年63歳
ワーナー・バクスター - ウィキペディアより引用

ワーナー・バクスター(Warner Baxter、1889年3月29日 - 1951年5月7日)はアメリカ合衆国の映画俳優。
1929年、第2回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した。
オハイオ州コロンバス生まれ。
物心つく前から、非常に貧しいショー・ビジネスの世界に身を置く。
9歳になって未亡人となった母親とサンフランシスコに移住。
1906年サンフランシスコ大地震に遭遇し、彼の一家は2週間の間猛火の中をテント生活をする羽目になる。
最初は農業機械のセールスマンで稼いでいたが、趣味の素人劇団からスタートし、第1次世界大戦中による人材不足で、1910年に彼はヴォードヴィルから生計を立て、ブロードウェイでの劇や映画の出演(1914年)が舞い込む。
やがて映画専業の俳優となりサイレント映画時代は舞台のキャリアとスマートな口髭がトレードマークの二枚目として多くのメロドラマで人気を博した。
トーキー時代に入ってからも俳優として生き残ったが、どちらかと言えば影の薄い存在であった。
その彼がトップ・スターの地位についたのは、西部の無法者「シスコ・キッド」を演じて堂々アカデミー主演男優賞を獲得した1929年の『懐しのアリゾナ』(原作はO・ヘンリーの小説)だった。

■ 映像作品

連想語句
  • 映画
  • サンフランシスコ
  • オハイオ州
  • 俳優
  • 出演
  • アカデミー賞
  • コロンバス
  • サイレント
  • ブロードウェイ
  • ヴォードヴィル
  • 世界
  • 作品
  • 大地震
  • 機械
  • 農業
  • ショー
  • スタート
  • セールスマン
  • テント
  • ビジネス
  • 一家
  • 主演
  • 人材
  • 劇団
  • 受賞
  • 大戦
  • 専業
  • 時代
  • 最初
  • 未亡人
  • 母親
  • 物心
  • 猛火
  • 生活
  • 生計
  • 男優賞
  • 移住
  • 素人
  • 羽目
  • 趣味
  • 遭遇