誕生日データベース

多村仁たむらひとし

プロ野球選手[日本]

1977年 3月28日

多村仁 - ウィキペディアより引用
多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )は、中日ドラゴンズに所属する神奈川県厚木市出身のプロ野球選手(外野手・育成選手)。
プロ入り前 横浜高校時代は斉藤宜之、紀田彰一とクリーンナップを組み3年生の春夏連続(1994年)で甲子園に出場。
第66回選抜高等学校野球大会の一回戦で、赤星憲広擁する大府高校と対戦した。
高校通算14本塁打。
1994年のドラフト4位で横浜ベイスターズに入団。
背番号は52。
このときの登録名は本名の多村 仁。
横浜時代 1995年、1996年は一軍出場がなく、1996年オフに行われた教育リーグにおいて本塁打、打点の記録を樹立。
1997年4月4日、開幕戦の対中日ドラゴンズ戦で公式戦初出場。
この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手の盛田幸妃の代打として登場。
プロ初打席は山本昌から外野フライに終わった。
4月8日、対阪神タイガース戦で田村勤からプロ入り初安打を記録。
2000年に背番号を55に変更。
一軍復帰を果たし、外野レギュラーの波留敏夫の故障などもあり、主に代打、途中出場で一軍に定着した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 日本
  • 時代
  • クラシック
  • ベースボール
  • ワールド
  • 野球
  • ソフトバンク
  • プロ
  • プロ野球
  • 厚木市
  • 外野手
  • 多村
  • 横浜
  • 神奈川県
  • 解説者
  • 選手
  • たむら
  • メダル
  • 仁志
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 本名
  • 獲得