生年月日データベース

青木治親あおきはるちか

オートバイレーサー、オートレーサー[日本]

1976年 3月28日

青木 治親(あおき はるちか、1976年3月28日 - )は、群馬県子持村(現渋川市)出身のオートレース選手(川口オートレース場所属)。
元ロードレースライダーで1995年・1996年のロードレース世界選手権(WGP)125ccクラスチャンピオン。
兄の青木宣篤(長男)、青木拓磨(次男)もロードレースライダーとして活躍し、治親を含めた三人は「青木三兄弟」として有名な存在である。
1982年頃からポケバイを始める。
16歳になった1992年にロードレースデビューし、地方選手権で38戦30勝。
同年、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)併催の4時間耐久ロードレースを藤原克昭とのコンビで制する。
国際A級特別昇格した1993年に、各国選手権等で上位ランキング獲得者にのみ認められてきたWGPフルエントリーが、この年よりチーム推薦でも認められる制度ができたため、若井伸之の移籍に伴い空いたモトバムから125ccクラスへのフル参戦が実現した。

■ 映像作品

芸名青木治親 性別男性 生年月日1976/03/28 星座おひつじ座 干支辰年 出身地群馬県 ブログタイトル青木治親公式ブログ ブログURLhttp://gree.jp/aoki_haruchika 職種スポーツ プロフィール群馬県出身。オートレーサー。二人の兄と共に6歳でポケバイを始め16歳でロードレースにデビュー。1993年からロードレース世界選手権125ccクラスに参戦し、1995年、1996年と2年連続で世界チャンピオンを獲得。2004年に“一生ライダーでいたい”という強い信念からオートレースに転向。2005年には日本プロスポーツ大賞オートレース新人賞を受賞。また、鈴鹿8時間耐久ロードレースにも参戦し、総合3位とロードレースの世界でもその存在をアピールしている。趣味はスノーボード、ドライブ。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • レース
  • ロード
  • オートレース
  • 世界選手権
  • 選手
  • テレビドラマ
  • データ
  • ライダー
  • 三兄弟
  • 出演
  • 川口
  • 関連
  • 青木
  • 青木宣篤
  • 青木拓磨
  • オートバイ
  • クラス
  • チャンピオン
  • 三人
  • 所属
  • 有名
  • 次男
  • 治親
  • 活躍
  • 長男