誕生日データベース

篠田桃紅しのだとうこう

美術家、エッセイスト[日本(満州)]

1913年 3月28日

篠田 桃紅(しのだ とうこう、本名:篠田 満洲子、1913年(大正2年)3月28日 - )は、日本の美術家。
映画監督の篠田正浩は従弟にあたる。
日本の租借地だった関東州大連に生まれる。
5歳頃から父に書の手ほどきを受ける。
その後、女学校時代以外はほとんど独学で書を学ぶ。
1950年から数年、書道芸術院に所属して前衛書の作家たちと交流を持つが、1956年に渡米。
抽象表現主義絵画が全盛期のニューヨークで、作品を制作する。
文字の決まり事を離れた新しい墨の造形を試み、その作品は水墨の抽象画=墨象と呼ばれる。
アメリカ滞在中、数回の個展を開き高い評価を得るが、乾いた気候が水墨に向かないと悟り、帰国。
以後日本で制作し、各国で作品を発表している。
和紙に、墨・金箔・銀箔・金泥・銀泥・朱泥といった日本画の画材を用い、限られた色彩で多様な表情を生み出す。
万葉集などを記した文字による制作も続けるが、墨象との線引きは難しい。
近年はリトグラフも手掛けている。
エッセイストとしての彼女のファンも多い。
2014年5月、沼津市役所特別応接室に1966年に納入した壁画「泉」が、30年以上存在が忘れられた状態から再発見されたことが報じられた。

■ 関連書籍

しのだ-とうこう 1913-昭和-平成時代の書家,美術家。大正2年3月28日中国大連生まれ。伝統的な書道から戦後は前衛的な墨象に移行。昭和31-33年欧米に滞在し,各地で個展を開催,注目をあつめた。代表作に東京芝増上寺の壁画など。35年ころよりリトグラフを制作。文章もよくし,54年「墨いろ」で日本エッセイスト・クラブ賞。東京府立第八高女卒。本名は満洲子(ますこ)。 (引用元 コトバンク)

「篠田桃紅」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 水墨
  • ニューヨーク
  • 主義
  • 制作
  • 和紙
  • 墨象
  • 女学校
  • 展示
  • 年譜
  • 抽象
  • 抽象画
  • 文字
  • 日本
  • 東州
  • 租借地
  • 篠田正浩
  • 著書
  • 表現
  • 金箔
  • 関連
  • ほとんど
  • アメリカ
  • 交流
  • 以後
  • 作家
  • 個展
  • 全盛期
  • 前衛書
  • 各国
  • 大連
  • 大連市
  • 帰国
  • 従弟
  • 所属
  • 手ほどき
  • 数回
  • 時代
  • 書道
  • 気候
  • 決まり事
  • 渡米
  • 滞在
  • 独学
  • 発表
  • 絵画
  • 芸術院
  • 評価
  • 造形