生年月日データベース

扇谷正造おうぎやしょうぞう

ジャーナリスト、編集者[日本]

1913年 3月28日

1992年 4月10日 死去享年80歳

扇谷 正造(おうぎや しょうぞう、1913年3月28日 - 1992年4月10日)は日本の評論家、編集者、ジャーナリスト。
"週刊誌の鬼"の綽名で知られた。
宮城県遠田郡涌谷町出身。
1935年に東京帝国大学文学部国史学科を卒業後、朝日新聞社に入社。
青森・仙台支局をへて37年社会部記者、38年戦争特派員として第101師団に配属され、武漢作戦に参加。
1941年12月、再度戦争特派員として高雄に派遣、フィリピンのリンガエン湾に上陸。
1944年(昭和19年)3月、応召され、歩兵第4連隊に配属。
三か月、朝鮮の羅南で訓練を受け、通信兵となる。
師団隷下の旅団として湘桂作戦(ト号作戦)に参加。
20日ごろ、漢口付近にて終戦を知る。
最終階級は一等兵。
従軍記者であった頃は周囲が下士官や将校ばかりであったため兵隊を凛々しい、勇ましい存在と思っていたが、いざ自身が一兵卒となってみると、古兵からのリンチ、戦友の死などみじめな状況を目の当たりにし、軍隊に対する価値観が変わったという。

■ 関連書籍

おうぎや-しょうぞう 1913-1992昭和時代のジャーナリスト,評論家。大正2年3月28日生まれ。朝日新聞社会部記者などをへて昭和22年「週刊朝日」デスク,26年編集長。週刊誌ジャーナリズムに新境地をひらいたとして,28年菊池寛賞。のち学芸部長,論説委員。平成4年4月10日死去。79歳。宮城県出身。東京帝大卒。著作に「えんぴつ軍記」「現代文の書き方」など。【格言など】名刺で仕事をするな (引用元 コトバンク)

「扇谷正造」と関連する人物

連想語句
  • 作戦
  • 記者
  • 従軍
  • ジャーナリスト
  • フィリピン
  • 共著
  • 参加
  • 宮城県
  • 師団
  • 支局
  • 文学部
  • 昭和
  • 朝日新聞社
  • 武漢
  • 歩兵
  • 注釈
  • 涌谷町
  • 編著
  • 著書
  • 連隊
  • 週刊
  • 遠田郡
  • エン
  • リンガ
  • 一等兵
  • 上陸
  • 仙台
  • 入営
  • 入社
  • 再度
  • 出身
  • 卒業
  • 召集
  • 史学科
  • 大学
  • 帝国
  • 日本
  • 最終
  • 朝鮮
  • 東京
  • 東京大学
  • 漢口
  • 社会
  • 終戦
  • 綽名
  • 羅南
  • 補充兵
  • 訓練
  • 通信
  • 配属
  • 階級
  • 青森