生年月日データベース

樫本大進かしもとだいしん

バイオリン奏者[日本]

1979年 3月27日 生 (満39歳)

樫本 大進(かしもと だいしん、1979年3月27日 - )は、日本のヴァイオリニスト。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 第1コンサートマスター。
ドイツ在住。
家族 妻はマリンバ奏者の出田りあ。
幼少時代 父の転勤先であったロンドンで生まれる。
3歳からヴァイオリンを始め、恵藤久美子に師事した。
再び父の転勤により、ニューヨークへ移り、7歳でジュリアード音楽院プレカレッジに入学し、田中直子に師事した。
ドイツ留学以降 1990年、11歳の時にリューベック音楽院で教鞭を執っていたザハール・ブロンに招かれ、リューベックへ移り、ドイツのギムナジウムに通いながら同音楽院の特待生としてブロンにヴァイオリンを師事した。
同年、第4回バッハ・ジュニア音楽コンクールで第1位を獲得し、以後、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア部門で第3位(1991年)、ユーディ・メニューイン国際コンクール・ジュニア部門で第1位(1993年)、第3回ケルン国際ヴァイオリン・コンクールで第1位(1994年)をそれぞれ獲得した。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

かしもと-だいしん 1979-平成時代のバイオリニスト。昭和54年3月27日イギリス・ロンドン生まれ。3歳でバイオリンをはじめ,7歳でジュリアード音楽プレカレッジに入学して田中直子に学ぶ。のちザハール・ブロン,ライナー・クスマウルに師事。平成5年メニューイン国際バイオリン・コンクール・ジュニア部門第1位,6年ケルン国際バイオリン・コンクール第1位,8年フリッツ・クライスラー国際音楽コンクール優勝,同年ロン=ティボー国際音楽コンクール優勝。10年芸術選奨文部大臣新人賞。22年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターに就任した。使用楽器は1674年製アンドレア・グヮルネリ。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 幼少
  • 時代
  • ドイツ
  • グラフィー
  • コンサート
  • ディスコ
  • フィルハーモニー
  • ベルリン
  • マスター
  • ロンドン
  • ヴァイオリン
  • 久美子
  • 家族
  • 恵藤
  • 留学
  • 管弦楽
  • 勤務
  • 在住
  • 師事
  • 当時
  • 転勤