誕生日データベース

内藤剛志ないとうたかし

俳優タレント司会者[日本]

1955年 5月27日

内藤剛志 - 俳優、タレント、司会者

内藤 剛志(ないとう たかし、1955年5月27日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者。
大阪府大阪市中央区(かつての東区)生まれ、寝屋川市香里園育ち。
大阪星光学院高等学校卒業、日本大学芸術学部映画学科中退。
身長183cm、体重77kg。
血液型はO型。
阪口京子事務所所属。
NHK職員の父、人形製作の母の元に生まれ、幼少期は両親からの強要で習い事としてピアノ教室や児童劇団に通っていた傍ら、在阪テレビ局及び映画各社製作品に子役としての出演経験がある。
サックスでジャズミュージシャンを志望し飯田ジャズスクールに入学するために上京、入学直後にその道をあきらめ日本大学芸術学部映画学科へ入学。
それと同時に、同級の長崎俊一と自主映画の制作を開始。
『獏をぶっ殺せ』『造花の枯れる季節』など、長崎作品の主演を多数務める。
文学座研究所を経て、一般の映画としては1980年、『ヒポクラテスたち』でデビュー。
以後、テレビドラマ、映画を中心に活動、地道に芸能活動を続ける。
80年代は刑事ドラマなどで悪役、犯人役を演じることが多かったが、1991年10月に『ホテルウーマン』(関西テレビ)に同郷出身の沢口靖子演ずるホテル従業員の上司として出演し、1992年10月開始の『ウーマンドリーム』(関西テレビ)に裕木奈江演ずるアイドル歌手の事務所のマネージャー役を演じた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名内藤剛志 性別男性 生年月日1955/05/27 星座ふたご座 干支未年 血液型O 出身地大阪府 身長183cm 体重77kg 靴のサイズ27.5cm 職種タレント・俳優・女優/話す仕事 資格・免許普通自動車 好きな音楽トランペット/ギター/ピアノ プロフィール文学座研究所を経て、1980年に映画『ヒポクラテスたち』で俳優デビュー。アクの強いヤクザ役で人気を得る。その後は、日本テレビ『家なき子』シリーズで主人公すずの父親役で注目を浴び、以降、連続ドラマの常連として話題作に次々と出演。その他にも、映画、CM、舞台などで幅広く活動を展開。俳優業のほかに、バラエティ番組や情報番組で司会を担当するなどマルチに活躍する。 代表作品CM『和真』/テレビ朝日『警視庁・捜査一課長』/フジテレビ『世界の絶景100選』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大阪市
  • テレビドラマ
  • テレビ朝日
  • フジテレビ
  • 中央区
  • 事務所
  • 京子
  • 出演
  • 大阪
  • 大阪府
  • 学校
  • 学部
  • 学院
  • 寝屋川市
  • 放送
  • 日本テレビ
  • 日本大学
  • 星光
  • 東区
  • 東海テレビ
  • 毎日
  • 芸術
  • 読売テレビ
  • 関西テレビ
  • 阪口
  • 高等
  • 中学校
  • 中退
  • 卒業
  • 学科
  • 所属
  • 映画
  • 現在
  • 香里園