誕生日データベース

デビッド・クルサードDavid Coulthard

レーシングドライバー[イギリス]

1971年 3月27日

デビッド・クルサード - ウィキペディアより引用

デビッド・マーシャル・クルサード(David Marshall Coulthard, 1971年3月27日 - )は、イギリス・スコットランド南西部にあるトゥインホルム生まれの元F1ドライバー。
コールサード、クルタード、コルトハード(イギリス英語ではCoult-hardと分解されるため、イギリス、特にスコットランドでこう呼ばれる。
日本HPのサイトでも用いられていた)と表記・発音されることもある。
ニックネームはDC。
プロフィール 初期の経歴 クルサードはトラック輸送を生業とする裕福な家庭に生まれ、幼少時からカートレースをしていた。
1989年にはヨーロッパにおけるジュニア・フォーミュラの代表格であるフォーミュラ・フォードに参戦し、その印象的なパフォーマンスにより最初のマクラーレン/オートスポーツ・ヤングドライバー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、その年のチャンピオンマシン、MP4/5のテストドライブの機会を得る。

■ 関連書籍

David COULTHARD イギリス生まれのF1ドライバー。「コールサード」と表記される場合もある。 1994年にウィリアムズ・ルノーから、事故死したアイルトン・セナの代役としてF1デビュー。 1996年にマクラーレン・メルセデスに移籍。以後、チームのセカンドドライバーとしてミカ・ハッキネンと共に活躍。 安定した走りを見せることもさることながら、自身の高い開発能力はチーム内外から評価された。 2000年のシーズン中に飛行機事故に遭うが、奇跡の生還。以後しばらく何かに吹っ切れたかのような快走を見せるが、2002年以降は僚友キミ・ライコネンの陰に霞みがち。 2005年にはファン・パブロ・モントーヤに追い出される形で、レッドブル・レーシング(旧ジャガー)移籍。 移籍先のレッドブルでは参戦初年度ということもあり、当初はあまり活躍が期待されていなかったが、初戦オーストラリアGP、第7戦欧州GPで4位入賞を果たすなど、予想外の活躍を見せ「春の衝撃」と呼ばれた。 2008年イギリスGPにて、2008年シーズンでのF1レースドライバーからの引退を発表。同時に2009年よりレッドブル・レーシングの開発スタッフに回ることを表明した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 在籍
  • 時代
  • イギリス
  • ウィリアムズ
  • エピソード
  • プロフィール
  • マクラーレン
  • レッドブル
  • レース
  • 初期
  • 国際
  • 引退
  • 戦績
  • 英語
  • 評価
  • 選手権
  • 関連
  • イン
  • クルタード
  • コルト
  • コール
  • サイト
  • サード
  • スコットランド
  • ドライバー
  • ニックネーム
  • ハード
  • パッカード
  • ヒューレット
  • フォーミュラ
  • ホルム
  • 分解
  • 日本
  • 発音