誕生日データベース

工藤美代子くどうみよこ

ノンフィクション作家[日本]

工藤 美代子(くどう みよこ、1950年3月27日 - )は、日本のノンフィクション作家。
本名は加藤 美代子(かとう みよこ)。
略歴・人物 東京都出身。
父はベースボール・マガジン社および恒文社を創設した池田恒雄。
母の実家は両国の工藤写真館。
両親が離婚したため工藤姓を名乗る。
大妻女子高校卒業後、父の意向でチェコスロヴァキアのカレル大学に入学するが中退。
1973年、バンクーバーに移住。
その間、友人のスーザン・フィリップスと協力して田村俊子の伝記を執筆、『晩香坡の愛 - 田村俊子と鈴木悦』として上梓(ドメス出版、1982)。
以後、ノンフィクション作家として活動するようになる。
また、日本文学研究者の鶴田欣也を追ってバンクーバーに渡り、鶴田と結婚するが、のち、離婚。
1991年、『工藤写真館の昭和』で講談社ノンフィクション賞受賞。
1993年、元集英社出版部長の加藤康男(元恒文社専務取締役、現ノンフィクション作家)と結婚。
当初は国外へ渡った日本女性を主題にしたものが主だったが、相撲関係、チェコスロバキア関係などを経て、父の出身地新潟の文学者、西脇順三郎、会津八一、堀口九萬一とその息子大學の評伝、またラフカディオ・ハーン評伝、皇室評伝などに至る。

■ 関連映像作品

タイトル
佐賀のがばいばあちゃん [DVD]
監督
出演俳優
発売元
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日
2015年3月13日
新品価格
¥ 3,024 より
中古商品
より
タイトル
ボディジャック 楽しい幽体離脱 [VHS]
監督
童子郎
出演俳優
発売元
バンダイビジュアル
発売日
1987年1月28日
新品価格
より
中古商品
¥ 29,800 より

■ 関連書籍

タイトル
怖い顔の話 (角川文庫)
著者
工藤美代子
発売元
KADOKAWA
発売日
2018-01-25
新品価格
¥ 734 より
中古商品
より
タイトル
美智子皇后の真実 (幻冬舎文庫)
著者
工藤美代子
発売元
幻冬舎
発売日
2017-12-06
新品価格
¥ 907 より
中古商品
¥ 456 より
タイトル
ノンフィクション作家だってお化けは怖い (幽BOOKS)
著者
工藤美代子
発売元
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-05-30
新品価格
¥ 1,512 より
中古商品
¥ 333 より
タイトル
もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (角川文庫)
著者
工藤美代子
発売元
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-10-25
新品価格
¥ 562 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
快楽(けらく)―更年期からの性を生きる (中公文庫)
著者
工藤美代子
発売元
中央公論新社
発売日
2009-02-01
新品価格
¥ 679 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか (中公文庫)
著者
工藤美代子
発売元
中央公論新社
発売日
2012-07-21
新品価格
¥ 741 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実
著者
工藤美代子
発売元
産経新聞出版
発売日
2009-12-02
新品価格
¥ 38,550 より
中古商品
¥ 619 より
タイトル
皇后の真実
著者
工藤美代子
発売元
幻冬舎
発売日
2015-10-08
新品価格
¥ 1,523 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
悪名の棺 笹川良一伝 (幻冬舎文庫)
著者
工藤美代子
発売元
幻冬舎
発売日
2013-04-10
新品価格
¥ 782 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
怖い顔の話 (角川文庫)
著者
工藤美代子
発売元
KADOKAWA / 角川書店
発売日
2018-01-25
新品価格
より
中古商品
より

■ 関連音楽作品

タイトル
GOLDEN☆BEST 嘉門達夫(2CD)
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
2015年5月27日
新品価格
¥ 2,880 より
中古商品
より
タイトル
The Very Best Of KAEUTA MEDLEY
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
1996年9月28日
新品価格
¥ 3,980 より
中古商品
¥ 644 より
タイトル
My idol(マイ アイドル)~青春play back~CD5枚組
歌手
発売元
発売日
新品価格
¥ 6,830 より
中古商品
¥ 4,300 より
工藤美代子 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内、 検索
この存命人物の記事には検証可能な出典が求められています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります2013年8月) この記事の参考文献は、一次資料や記事主題の関係者による情報源に頼っています。信頼できる第三者情報源とされる出典の追加が求められています。2015年12月) くどうみよこ 工藤美代子 生誕 (1950-03-27)1950年3月27日(67歳)
東京都 国籍 日本 出身校 カレル大学中退 職業 ノンフィクション作家

工藤美代子(くどうみよこ、1950年3月27日[1]-)は、日本のノンフィクション作家。本名は加藤美代子(かとうみよこ)[1]。

目次

    1略歴・人物 2著作
      2.1単著 2.2共編著 2.3翻訳
    3脚注

略歴・人物[編集]

東京都出身[1]。父はベースボール・マガジン社および恒文社を創設した池田恒雄[1]。母の実家は両国の工藤写真館[2]。両親が離婚したため工藤姓を名乗る[2]。

大妻女子高校卒業[3]後、父の意向でチェコ・プラハのカレル大学に入学するが中退[4][3]。1973年、カナダ・バンクーバーに移住[1]。その間、友人のスーザン・フィリップスと協力して田村俊子の伝記を執筆、『晩香坡の愛-田村俊子と鈴木悦』として上梓(ドメス出版、1982)。以後、ノンフィクション作家として活動するようになる。また、日本文学研究者の鶴田欣也を追ってバンクーバーに渡り、鶴田と結婚するが[4]、のち、離婚[5]。

1991年、『工藤写真館の昭和』で講談社ノンフィクション賞受賞[6]。1993年、元集英社出版部長の加藤康男(元恒文社専務取締役、現ノンフィクション作家)と結婚[7]。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『黄色い兵士達-第一次大戦日系カナダ義勇兵の記録』(恒文社1983年)
  • 『写婚妻-花嫁は一枚の見合い写真を手に海を渡っていった』(ドメス出版1983年)
  • 『カナダ遊妓楼に降る雪は』(晶文社1983年、のち集英社文庫)
  • 『聖林からヒロシマへ-映画カメラマン・ハリー三村の人生』(晶文社1985年)
  • 『旅人たちのバンクーバー-わが青春の田村俊子』(筑摩書房1985年、のち集英社文庫)
  • 『女が複眼になるとき』(大和書房1986年、のち講談社文庫)エッセイ
  • 『幻の町幻の女-カンバーランド』(朝日新聞社1986年)
  • 『双葉山はママの坊や』(文藝春秋1987年)『一人さみしき双葉山』と改題、ちくま文庫)
  • 『海を渡った力士たち-ハワイ相撲の百年』(ベースボール・マガジン社1988年)
  • 『女が複眼になるとき』(講談社1989年)エッセイのち文庫
  • 『ホテル・ウランバートル』作品社1990年)
  • 『工藤写真館の昭和本所区東両国』朝日新聞社1990年、のち講談社文庫
  • 『チャスラフスカの証言-チェコスロヴァキア民主化への道』(ベースボール・マガジン社1990年)
  • 『哀しい目つきの漂流者』(集英社1991年、のち文庫)
  • 『旅人たちのバンクーバー-わが青春の田村俊子』集英社1991年)のち文庫 エッセイ 
  • 『成吉思汗の末裔』(宇佐美博幸写真、ベースボール・マガジン社1991年)
  • 『悲劇の外交官-ハーバート・ノーマンの生涯』(岩波書店1991年)
  • のち改題『スパイと言われた外交官ハーバート・ノーマンの生涯』、ちくま文庫
  • 『日本人が変わった-ふくらんだ泡が弾けて』(毎日新聞社1992年)
  • 『40歳、夢の途中』(筑摩書房1993年)
  • 『寂しい声-西脇順三郎の生涯』(筑摩書房1994年)
  • 『カラコルムの風』(産経新聞ニュースサービス1994年)
  • 『マルティニーク熱帯紀行-ラフカディオ・ハーン追想』(恒文社1995年)
  • 『ラフカディオ・ハーン漂泊の魂』(日本放送出版協会1995年、NHKライブラリー)
  • 『夢の途上ラフカディオ・ハーンの生涯アメリカ編』(集英社1997年、ランダムハウス講談社文庫2008年
  • 『日々是怪談』(中央公論社1997年、のち文庫
  • 『ハツエザウルスは今日も笑う』(新潮社1998年)
  • 『女の大転換期明るく元気に更年期を乗り切りたい』(世界文化社1998年)
  • 『熱い海-春廼家お花一代』(平凡社1999年)
  • 『聖霊の島ラフカディオ・ハーンの生涯ヨーロッパ編』(集英社1999年、ランダムハウス講談社文庫2008年
  • 『サムソナイトをひきずって』(世界文化社2000年)
  • 『野の人會津八一』(新潮社2000年)
  • 『香淳皇后-昭和天皇と歩んだ二十世紀』(中央公論新社2000年
    • 改題『香淳皇后と激動の昭和』中公文庫、2006年
  • 『黄昏の詩人堀口大學とその父のこと』(マガジンハウス2001年)
  • 『マッカーサー伝説』(恒文社212001年)
  • 『ジミーと呼ばれた日-若き日の明仁天皇』(恒文社212002年)、のち幻冬舎文庫「ジミーと呼ばれた天皇陛下」
  • 『神々の国-ラフカディオ・ハーンの生涯日本編』(集英社、2003年/ランダムハウス講談社文庫、2008年)
  • 『海燃ゆ山本五十六の生涯』(講談社、2004年)
  • 『それにつけても今朝の骨肉』(筑摩書房2006年)
  • 『石原慎太郎の連隊旗―その人間力に迫る』(ワック2006年)
  • 『快楽-更年期からの性を生きる』中央公論新社2006年、中公文庫2009年
  • 『われ巣鴨に出頭せず―近衛文麿と天皇』日本経済新聞社2006年/中公文庫 2009年
  • 『母宮貞明皇后とその時代三笠宮両殿下が語る思い出』中央公論新社2007年、中公文庫、2010年
  • 『大東亜戦争の指揮官たち』 (ワック、2007年) ISBN9784898315699
  • 『良寛の恋炎の女貞心尼』 (講談社、2007年)ISBN978-4-06-269271-7
  • 『昭和維新の朝―二・二六事件と軍師斎藤瀏』日本経済新聞出版社2008年/ちくま文庫、2010年
  • 『国母の気品-貞明皇后の生涯』清流出版、2008年 ISBN486029260X
  • 『近衛家七つの謎誰も語らなかった昭和史』(PHP研究所2009年)、近衛文隆の伝記
  • 『炎情‐熟年離婚と性』中央公論新社、2009年 のち文庫  
  • 『余韻のある生き方』PHP新書、2009年 
  • 『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』産経新聞出版、2009年
    • 加藤康男『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』ワック文庫(文庫化に際し夫名義に変更)
  • 『赫奕たる反骨吉田茂』日本経済新聞出版社、2010年
  • 『悪名の棺笹川良一伝』幻冬舎、2010年 のち文庫 
  • 『もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら』メディアファクトリー、2011年 のち角川文庫 
  • 『炎情2熟年性愛の対価』中央公論新社、2011年
  • 『絢爛たる悪運岸信介伝』幻冬舎、2012年、のち「絢爛たる醜聞 岸信介伝」文庫
  • 『なぜノンフィクション作家はお化けが視えるのか』中公文庫、2012年
  • 『百花繚乱―熟女が迎える生と性』海竜社、2012年
  • 『悪童殿下-愛して怒って闘って寬仁親王の波瀾万丈』幻冬舎、2013年
  • 『うつ病放浪記絶望をこえて生きる』講談社、2013年
  • 『恋づくし 宇野千代伝』中央公論新社、2015年
  • 『ノンフィクション作家だってお化けは怖い』(幽BOOKS)KADOKAWA2015年 
  • 『皇后の真実』幻冬舎、2015年、のち文庫
  • 『三番町のコタカさん 大妻コタカ伝』ワック、2016年 
  • 『読ませる自分史の書き方』幻冬舎新書、2016年

共編著[編集]

  • 『晩香坡の愛田村俊子と鈴木悦』スーザン・フィリップス共著ドメス出版1982年
  • 『とはいえ、熟年離婚に物申す』ねじめ正一、メディア・パル2008年
  • 『皇族の「公」と「私」思い出の人、思い出の時』寛仁親王との対話、PHP研究所、2009年
  • 『くじけてなるものか笹川良一が現代に放つ警句80』幻冬舎、2011年、のち文庫 

翻訳[編集]

  • 『自由訳・養生訓 貝原益軒』(洋泉社新書、2006年)

脚注[編集]

^abcdeデジタル版日本人名大辞典+Plus『工藤美代子』-コトバンク ^ab『工藤写真館の昭和』 ^ab工藤美代子|2013年度グローバルリーダー育成塾日本青年会議所 ^ab『女が複眼になるとき』 ^小谷野敦「鶴田欣也先生のこと」『リアリズムの擁護』新曜社 ^“講談社ノンフィクション賞”.講談社.2017年11月18日閲覧。 ^『工藤写真館の昭和』講談社文庫版解説(大倉舜二) 「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=工藤美代子&oldid=66992113」から取得 カテゴリ:
  • 日本のノンフィクション作家
  • 日本の小説家
  • 新しい歴史教科書をつくる会の人物
  • 国家基本問題研究所の人物
  • 東京都出身の人物
  • 1950年生
  • 存命人物
隠しカテゴリ:
  • 出典を必要とする存命人物記事/2013年8月
  • 内容の精度・確度に欠けている可能性のある記事
  • プロジェクト人物伝項目
  • ISBNマジックリンクを使用しているページ

案内メニュー

個人用ツール
    ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログイン
名前空間
    ページノート
変種
表示
    閲覧編集履歴表示
その他

検索

案内
    メインページコミュニティ・ポータル最近の出来事新しいページ最近の更新おまかせ表示練習用ページアップロード(ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
    ヘルプ井戸端お知らせバグの報告寄付ウィキペディアに関するお問い合わせ
ツール
    リンク元関連ページの更新状況ファイルをアップロード特別ページこの版への固定リンクページ情報ウィキデータ項目このページを引用
印刷/書き出し
    ブックの新規作成PDF形式でダウンロード印刷用バージョン
他言語版
    English
リンクを編集 最終更新2018年1月15日(月)12:53(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 Cookieに関する声明 モバイルビュー
連想語句
プラハカレルチェコベースボールマガジン共編単著大妻大学工藤恒文東京都池田恒雄翻訳著作かとうみよこィクション両国両親中学校中退作家入学写真館出身創設加藤卒業女子学校実家意向本名美代子離婚高校高等

↑ PAGE TOP

Copyright© 2011-2018 birthday-database.com All Rights Reserved.