誕生日データベース

宮本信子みやもとのぶこ

女優[日本]

宮本 信子(みやもと のぶこ、戸籍名;池内 信子、旧姓;宮本、1945年3月27日 - )は、日本の女優、歌手。
北海道小樽市生まれ、愛知県名古屋市育ち。
愛知淑徳高等学校卒業。
夫は伊丹十三。
長男は池内万作。
所属事務所は東宝芸能(1990年から)。
来歴・人物 1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所。
翌年に木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団。
舞台で活躍後はフリーとなる。
1970年代はTVドラマに脇役として多数出演。
映画『日本春歌考』での共演が縁で1969年に伊丹と結婚し、子育てが一段落した1984年に夫がメガホンを取った『お葬式』に主演しブレイク。
以降の伊丹作品に全て出演し、作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、美人役からブサイクなオバハン役までをこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞した。
夫である伊丹は「妻はいい女優なのになかなか主役の話が来ない。
ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえばよい」と、彼女を「お葬式」に起用したと述べている。
伊丹映画での起用が元で、日本を代表する個性派女優へと成長した。

■ 関連映像作品

タイトル
Jazz in Tokyo Live@Toranomon [DVD]
監督
出演俳優
発売元
インディーズ・メーカー
発売日
2005年2月23日
新品価格
¥ 1,800 より
中古商品
¥ 2,600 より
タイトル
伊丹十三 FILM COLLECTION Blu-ray BOX Ⅰ
監督
出演俳優
発売元
東宝
発売日
2011年11月25日
新品価格
¥ 18,460 より
中古商品
¥ 17,750 より
タイトル
タンポポ<Blu-ray>
監督
出演俳優
発売元
東宝
発売日
2011年11月25日
新品価格
¥ 4,568 より
中古商品
¥ 4,564 より
タイトル
スーパーの女<Blu-ray>
監督
出演俳優
発売元
東宝
発売日
2012年1月27日
新品価格
¥ 4,027 より
中古商品
¥ 3,659 より
タイトル
大病人 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
ジェネオン エンタテインメント
発売日
2005年8月24日
新品価格
¥ 3,649 より
中古商品
¥ 1,570 より
タイトル
伊丹十三DVDコレクション たたかうオンナBOX (初回限定生産)
監督
出演俳優
発売元
ジェネオン エンタテインメント
発売日
2005年2月25日
新品価格
¥ 74,100 より
中古商品
¥ 17,300 より
タイトル
マルサの女 [DVD]
監督
出演俳優
発売元
ジェネオン エンタテインメント
発売日
2005年8月24日
新品価格
¥ 9,500 より
中古商品
¥ 4,099 より
タイトル
私という運命について DVD-BOX
監督
出演俳優
発売元
KADOKAWA / 角川書店
発売日
2015年3月27日
新品価格
¥ 5,980 より
中古商品
¥ 6,000 より
タイトル
あげまん [DVD]
監督
出演俳優
発売元
ジェネオン エンタテインメント
発売日
2005年9月22日
新品価格
より
中古商品
¥ 2,999 より
タイトル
大病人[VHS](1993)◆三國連太郎/津川雅彦/宮本信子/木内みどり
監督
出演俳優
発売元
発売日
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より

■ 関連書籍

タイトル
hro230 邦画プログラム[伊丹十三制作監督黒沢清「スウィートホーム」宮本信子
著者
邦画映画プログラムcinemaTAKA
発売元
東和、松竹、ユナイト
発売日
2017-12-01
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
【映画パンフレット】 『眉山-びざん-』 監督:犬童一心.出演:松嶋菜々子.大沢たかお.宮本信子.黒瀬真奈美.金子賢
著者
発売元
発売日
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
映画パンフレット 「お葬式」監督:伊丹十三 出演:山崎努、宮本信子、菅井きん
著者
発売元
発売日
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
しあわせのつぼ 【DVD】 演出:福島三郎、宮本信子、布施明
著者
福島三郎、宮本信子、布施明
発売元
発売日
2006
新品価格
より
中古商品
¥ 9,980 より
タイトル
やさしく描けるILLUSTRATOR9.0Windows
著者
宮本信子
発売元
秀和システム
発売日
2000-11-22
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
NHK ウィークリー STERA(ステラ) 2013年9月20日号 [雑誌][2013.9.11]
著者
発売元
発売日
2013
新品価格
より
中古商品
¥ 1,800 より
タイトル
やさしく描けるPHOTOSHOP6.0 WIN
著者
宮本信子
発売元
秀和システム
発売日
2001-05-14
新品価格
より
中古商品
¥ 348 より
タイトル
やさしく描けるPHOTOSHOP6.0 MAC
著者
宮本信子
発売元
秀和システム
発売日
2001-05-14
新品価格
より
中古商品
¥ 581 より
タイトル
やさしく描けるILLUSTRATOR9.0Macintosh
著者
宮本信子
発売元
秀和システム
発売日
2000-11-22
新品価格
より
中古商品
¥ 139 より
タイトル
自伝的女流文壇史 (講談社文芸文庫)
著者
発売元
講談社
発売日
2016-11-11
新品価格
¥ 1,728 より
中古商品
¥ 1,024 より

■ 関連音楽作品

タイトル
Jazz in Tokyo Live@Toranomon [DVD]
歌手
発売元
インディーズ・メーカー
発売日
2005年2月23日
新品価格
¥ 1,800 より
中古商品
¥ 2,600 より
タイトル
Jazz in Tokyo Live@Toranomon
歌手
発売元
インディーズ・メーカー
発売日
2005年2月23日
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
2013年6月19日
新品価格
¥ 1,650 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 2
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
2013年9月18日
新品価格
¥ 650 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
歌手
発売元
ソニーミュージック
発売日
2013年8月28日
新品価格
¥ 1,000 より
中古商品
¥ 360 より
タイトル
あまちゃん ぶらばん ~公式版 吹奏楽「あまちゃん」曲集~
歌手
東京佼成ウインドオーケストラ
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
2013年7月31日
新品価格
¥ 799 より
中古商品
¥ 1 より
タイトル
春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編
歌手
発売元
ビクターエンタテインメント
発売日
2013年8月28日
新品価格
¥ 1,470 より
中古商品
¥ 44 より
タイトル
遅ればせの恋
歌手
発売元
日本コロムビア
発売日
2000年12月09日
新品価格
¥ 21,000 より
中古商品
¥ 2,999 より
タイトル
モーツァルト : オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370
歌手
発売元
ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日
2000年4月26日
新品価格
より
中古商品
¥ 1,000 より
宮本信子 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内、 検索
みやもとのぶこ
宮本信子 本名 池内信子(旧姓:宮本) 生年月日 (1945-03-27)1945年3月27日(72歳) 出生地 日本・北海道小樽市[1] 出身地 日本・愛知県名古屋市 身長 157cm 血液型 O型 職業 女優、歌手 ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台 活動期間 1963年- 配偶者 伊丹十三(1969‐1997年)[1] 著名な家族 池内万作(長男) 事務所 東宝芸能 公式サイト http://www.miyamoto-nobuko.jp/index.html 主な作品 テレビドラマ
『まんてん』
『どんど晴れ』
『あまちゃん』
『ひよっこ』
映画
『お葬式』[1]
『マルサの女』[1]
『ミンボーの女』
『スーパーの女』

舞台
『港町十三番地』
  受賞 日本アカデミー賞 第8回優秀主演女優賞
『お葬式』
第11回最優秀主演女優賞
『マルサの女』
第12回優秀主演女優賞
『マルサの女2』
第13回優秀助演女優賞
『あ・うん』
第14回優秀主演女優賞
『あげまん』
第16回優秀主演女優賞
『ミンボーの女』
第20回優秀主演女優賞
『スーパーの女』
第21回優秀主演女優賞
『マルタイの女』
第31回優秀助演女優賞
『眉山-びざん-』
第35回優秀助演女優賞
『阪急電車片道15分の奇跡』 その他の賞 表示

宮本信子(みやもとのぶこ、戸籍名;池内信子[2]、旧姓;宮本、1945年3月27日[1][3]-)は、日本の女優、歌手。北海道小樽市生まれ[3]、愛知県名古屋市育ち[4][5]。愛知淑徳高等学校卒業[3][1]。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所は東宝芸能[2](1990年から)。

目次

    1来歴・人物 2出演作品
      2.1テレビドラマ
        2.1.1NHK 2.1.2日本テレビ系列 2.1.3TBS系列 2.1.4フジテレビ系列 2.1.5テレビ朝日系列 2.1.6テレビ東京系列 2.1.7WOWOW
      2.2映画 2.3舞台 2.4劇場アニメ 2.5ラジオ 2.6その他のテレビ番組 2.7CM
    3脚注 4外部リンク

来歴・人物[編集]

1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所[3][1]。

1964年、木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団後にフリーとなる。

映画『日本春歌考』での共演が縁で、1969年に伊丹と結婚[1]した。子どもが3歳頃よりおおよそ2年間、毎日自作の物語を作って聞かせていた[6]。子育てが一段落した1984年に夫がメガホンを取った『お葬式』に主演してブレイク(以降の伊丹作品には全て出演)。続く『マルサの女』で大ブレイク。作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、美人役からブサイク役までをこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞。

伊丹は「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と、「お葬式」に起用したと述べている[7]。

伊丹とは芸能界きってのおしどり夫婦であった。伊丹十三記念館の館長を務めており、グッズ作りなども行なっている。

1997年の伊丹との死別を機にジャズシンガーとしての活動を開始。2005年2月にライヴ・アルバム『JazzinTokyoLive@ToranomonNobukoMiyamoto』をリリースした[8]。

伊丹の自殺以降は映画への出演を控えていたが(「映画館に入るのも恐くなった」という)、2007年に『眉山-びざん-』で実に10年ぶりの映画出演を果たす。

2011年、『阪急電車片道15分の奇跡』で第36回報知映画賞助演女優賞を受賞[9]。

小唄・ジャズダンスが趣味で[3]、『あげまん』や『マルタイの女』でその経験が活かされている。

『あまちゃん』放送当時、同作と同作直後に生放送される『あさイチ』を視聴、『あさイチ』のキャスターである井ノ原快彦(V6)・有働由美子(NHKアナウンサー)が行う「あま受け」を楽しんでいた[10]。蟹江敬三・一平親子とはそれぞれNHK『連続テレビ小説』で夫婦・親子として共演している(『どんど晴れ』で一平と親子役、『あまちゃん』で敬三と夫婦役)。

2014年紫綬褒章受章[11]。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

  • 大河ドラマ
    • 毛利元就(1997年1月-12月)-妙役
    • 天地人(2009年1月-12月)-ナレーション
  • 連続テレビ小説
    • 本日も晴天なり(1981年10月-1982年4月)-桂木トシ江役
    • まんてん(2002年9月-2003年3月)-花山百合子役
    • どんど晴れ(2007年4月-9月)-加賀美環役
    • あまちゃん(2013年4月-9月)-天野夏役 ※ナレーションも兼任
    • ひよっこ(2017年4月-9月)-牧野鈴子役
  • ゆっくりおダイエット(1994年)-ひろ子役
  • さよなら五つのカプチーノ(1998年)-遠藤道子役[12]
  • 農家のヨメになりたい(2004年5月-6月)-小野タマ役
  • 続・遠野物語(2010年12月)-菊池セツ役
  • 奇跡の人(2016年4月-6月、NHKBSプレミアム)-都倉風子役[13]

日本テレビ系列[編集]

  • われら弁護士(1968年)-川口晴子役
  • おひかえあそばせ(1971年4月-9月)-池西梅子役
  • 熱中時代第2シリーズ第20話「北野先生お父さんになって」(1980年)-田中布美江役
  • 日本テレビ開局45周年記念橋田壽賀子スペシャルテレビ、翔んだ(1998年)
  • 火曜サスペンス劇場「考古学者佐久間玲子」(2001-2003年)-佐久間玲子役
  • 貴賓室の怪人(2002年)-船越麗子役
  • 火曜ドラマゴールデン「カリスマ占い師殺人鑑定」(2006年)-すずこ役

TBS系列[編集]

  • 泣いてたまるか(1967年)-河村節子役
  • フジ三太郎(1968年)-フジビワ子役(1話-26話まで)
  • うちの子にかぎって…(1984年)-池田先生役
  • コカ・コーラTVスペシャル風にむかってマイウェイ(1984年)-吉野ミドリ役
  • JNN50周年記念ドラマ天国で君に逢えたら(2009年)-和田みずほ役

フジテレビ系列[編集]

  • 銭形平次(1967年)-早苗役
  • 三匹の侍第5シリーズ第20話「白い幻花」(1968年)-浪野役
  • 八州犯科帳第3話「忘れな草に泣く女」(1974年)-お加乃役
  • 北の国から(1982年)-本多好子役
  • 悦子逆転(1982年、東海テレビ)-悦子役
  • 人間の証明(1993年)-八杉恭子役
  • Dr.コトー診療所2006第11話(2006年)-五島沙知子役
  • 坊っちゃん(2016年)-清役

テレビ朝日系列[編集]

  • 鬼平犯科帳第56話「金太郎そば」(1970年、NET/東宝)-お竹役
  • 非情のライセンス第2シリーズ第3話「兇悪の序曲」(1974年)-本多和子役
  • 森繁久彌のおやじは熟年第2話(1981年)-小谷信子役
  • 芸者小春の華麗な冒険(1991年)-小春役
  • 土曜ワイド劇場「春らん漫!花の京都・熟年探偵団!!」(2007年)-桜井さくら役

テレビ東京系列[編集]

  • 飛んで火に入る春の嫁(1998年)-浅野妙子役

WOWOW[編集]

  • 私という運命について(2014年)-佐藤佐智子役

映画[編集]

  • 日本春歌考(1967年)-里見早苗役
  • 男はつらいよ純情篇(1971年)-絹代役
  • 四季・奈津子(1980年)-奈津子が出演する映画の俳優役
  • ときめきに死す(1984年)-旅館の女将役
  • お葬式(1984年)-雨宮千鶴子役
  • タンポポ(1985年)-タンポポ役
  • マルサの女(1987年)-板倉亮子役
  • マルサの女2(1988年)-板倉亮子役
  • スウィートホーム(1989年)-早川秋子役
  • あ・うん(1989年)-門倉君子役
  • ファンシイダンス(1989年)-塩野静子役(友情出演)
  • あげまん(1990年)-ナヨコ役
  • ミンボーの女(1992年)-井上まひる役
  • 大病人(1993年)-向井万里子役
  • ヤマトタケル(1994年)-ヤマトヒメ役
  • 静かな生活(1995年)-団藤さんの奥さん役
  • スーパーの女(1996年)-井上花子役
  • ラヂオの時間(1997年)-山崎ルミ子役
  • マルタイの女(1997年)-磯野ビワコ役
  • 眉山-びざん-(2007年)-河野龍子役
  • 阪急電車片道15分の奇跡(2011年)-萩原時江役
  • 聯合艦隊司令長官山本五十六(2011年)-高橋嘉寿子役[14]

舞台[編集]

  • 油屋おこん(1998年、京都南座)
  • うさぎ一座物語(1999年、大阪松竹座)
  • 雪やこんこん(1999年、こまつ座)
  • あげまん(2000年、中日劇場)
  • 紙屋町さくらホテル(2001年、新国立劇場)
  • おやすみの前に(2002年5月、PARCO劇場)
  • 港町十三番地(2003年3月-4月、芸術座)
  • 港町十三番地(2004年7月、梅田コマ劇場)
  • 眉山-びざん-(2007年、明治座)

劇場アニメ[編集]

  • かぐや姫の物語(2013年)-媼役

ラジオ[編集]

  • 都会の二つの顔(1963年)※ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞・芸術祭奨励賞
  • 鳥の名前の少年あるいは、ある小惑星探査機の冒険(2011年12月24日)-ナレーション

その他のテレビ番組[編集]

  • 第33回年忘れにっぽんの歌(2000年12月31日、テレビ東京、於:明治座)※宮本は『港町十三番地』、『さのさ』、『テネシーワルツ』を歌唱
  • 人生が変わる1分間の深イイ話(2013年11月19日、日本テレビ)
  • にっぽん紀行「ひだまりの散歩道〜瀬戸内弓削島〜」(2014年5月7日、NHK)-案内役
  • 第68回NHK紅白歌合戦(2017年12月31日、NHK)-ゲスト審査員

CM[編集]

  • ハウスジャワカレー(1970年)-伊丹十三と共演
  • 味の素「マヨネーズDo」-伊丹十三と共演
  • ツムラ-伊丹十三と共演
  • 納豆・金のつぶシリーズ(2000年-2002年)
  • 資生堂プリオール-原田美枝子と共演

脚注[編集]

^abcdefgh別冊宝島2551『日本の女優100人』p.67. ^ab“宮本信子”.東宝芸能オフィシャルサイト.2014年4月28日閲覧。 ^abcde“プロフィール”.宮本信子OfficialSite.2014年4月28日閲覧。 ^“ひとりごと宮本信子”.ZAKZAK.2014年4月28日閲覧。 ^“タンポポだより「・・・紋別・ホワイトコンサート・・・」”.宮本信子OfficialSite.2014年4月28日閲覧。 ^長新太アンコール伊丹十三「長さん賛」より ^伊丹『「お葬式」日記』287p ^“CD・DVD”.宮本信子OfficialSite.2014年4月28日閲覧。 ^“宮本信子「新しい何か始まる予感」…第36回報知映画賞”(日本語).シネマ報知.報知新聞社(2011年11月29日).2012年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月29日閲覧。 ^「あまちゃん」ブームで評価を上げたイノッチの“受ける力”アサ芸プラス、2013年10月7日 ^“紫綬褒章に羽生選手・宮本信子さん・玉三郎さん”.読売新聞.(2014年4月28日).http://www.yomiuri.co.jp/national/20140427-OYT1T50118.html2014年4月28日閲覧。  ^NHKドラマ館 さよなら五つのカプチーノ - NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス ^“銀杏BOYZ・峯田、連ドラ初主演麻生久美子と13年ぶり共演”.ORICONSTYLE(2016年3月11日).2016年3月11日閲覧。 ^“聯合艦隊司令長官山本五十六-太平洋戦争70年目の真実-”.日曜洋画劇場.2016年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 宮本信子OfficialSite(公式)
  • 宮本信子-日本映画データベース
  • 伊丹十三記念館
  • 宮本信子の写真
  • 宮本信子-KINENOTE
  • 宮本信子 - テレビドラマデータベース
  • 東宝芸能 代表取締役:高井英幸 芸能本部 男性
    • 池内万作
    • 石井一彰
    • 井上雄太
    • 今井清隆
    • 尾崎右宗
    • 小林健
    • 大地伸永
    • 高島忠夫
    • 高嶋政宏
    • 高嶋政伸
    • 戸井勝海
    • 中谷太郎
    • 七瀬公
    • ノモガクジ
    • 橋爪淳
    • パク・トンハ
    • 森廉
    • 良知真次
    女性
    • 秋月成美
    • 生田智子
    • 池澤あやか
    • 一路真輝
    • 遠藤久美子
    • 大沢さやか
    • 大塚千弘
    • 小川涼
    • 越智静香
    • 上白石萌歌
    • 上白石萌音
    • 辛島小恵
    • 桑原裕子
    • 昆夏美
    • 斉藤由貴
    • 沢口靖子
    • シルビア・グラブ
    • 寿美花代
    • 瀬奈じゅん
    • 田中利花
    • 司葉子
    • 遠野あすか
    • 長澤まさみ
    • 野波麻帆
    • 野村真美
    • 羽野晶紀
    • 浜辺美波
    • 星由里子
    • 松島純菜
    • 松原千明
    • 水野真紀
    • 宮本信子
    • 森日菜美
    • 山崎紘菜
    • 山村紅葉
    • 吉田まどか
    • RiRiKA
    • 朝夏まなと
    アーティスト
    • 昆夏美
    • ファンタスマゴリック
    エンターテイメント事業部 男性
    • 友石竜也
    • 吉武大地
    • 逢沢優
    • 浅川文也
    • 穴沢裕介
    • 石川剛
    • 乾あきお
    • 長村航希
    • 長内正樹
    • 輝海健太
    • 加藤貴彦
    • 上垣内平
    • 杉本崇
    • 杉山有大
    • 武田晴彦
    • 田極翼
    • 谷本充弘
    • 土屋貴俊
    • 中尾和彦
    • 長尾哲平
    • 中本雅俊
    • 東山竜彦
    • ひのあらた
    • 藤岡義樹
    • 山口竜央
    • 横沢健司
    女性
    • 蒼乃夕妃
    • 玉置成実
    • 青山恵梨子
    • 秋山桃子
    • 新井希望
    • 石丸椎菜
    • 一倉千夏
    • 伊藤有希
    • 岩崎亜希子
    • 遠藤瑠美子
    • 大澤恵
    • 岡山祥子
    • 木村晶子
    • 木村智早
    • 熊澤沙穂
    • 小板奈央美
    • 香月彩里
    • 今野晶乃
    • 島田彩
    • 玉置千砂子
    • ダンドイ舞莉花
    • 富田彩
    • 中江友紀
    • 七瀬りりこ
    • 丹羽麻由美
    • 原扶貴子
    • 穂積由香
    • Michiru
    • 三矢直生
    • 美鳳あや
    • 横岡沙季
    • 吉田玲菜
    • 吉野有美
    アーティスト
    • 門山葉子
    • 篠ヶ谷美穂
    • 青島心
    • 鹿沼亜美
    • 狐塚来愛
    • 田辺奈菜美
    • 傳彩夏
    • OnePixcel
    • 森木レナ
    • 大原ゆい子
    関連項目 東宝「シンデレラ」オーディション-過去の所属者  東宝芸能公式サイト
  • 歴代の新語・流行語大賞の受賞者(年間大賞選定以前) 第1回(1984年) オシンドローム(新語) ジェーン・コンドン(『タイム』フリー記者) まるきんまるび(流行語) 渡辺和博(イラストレーター) 第2回(1985年) 分衆(新語) 近藤道生(博報堂生活総合研究所社長) イッキ!イッキ!(流行語) 慶應義塾大学体育会 第3回(1986年) 究極(新語) 雁屋哲 新人類(流行語) 清原和博、工藤公康、渡辺久信 第4回(1987年)

    「宮本信子」と関連する人物

    森繁久彌 工藤公康 野波麻帆 伊丹十三 井ノ原快彦 石井一彰 玉置成実 小林健 長澤まさみ 沢口靖子 辛島小恵 麻生久美子 越智静香 司葉子 羽野晶紀 斉藤由貴 浅野妙子 雁屋哲 橋爪淳 野村真美 山村紅葉 高嶋政伸 高嶋政宏 大沢さやか 星由里子 中本雅俊 山本五十六 原田美枝子 毛利元就 一路真輝 近藤道生 寿美花代 生田智子 松原千明 渡辺和博 大塚千弘 有働由美子 牧野鈴子 池内万作 水野真紀 こまつ 遠藤久美子 木村功 尾崎右宗 石丸椎菜 シルビア・グラブ 桑原裕子 高島忠夫 池澤あやか 渡辺久信 清原和博 奈津子 亜希子 長新太 蟹江敬三 今井清隆 伊藤有希 浜辺美波 山崎紘菜 傳彩夏 良知真次 上白石萌歌 上白石萌音 吉田まどか 朝夏まなと ノッチ
    連想語句
    系列芸能テレビドラマテレビ朝日フジテレビ事務所伊丹十三北海道名古屋市学校小樽市愛知淑徳愛知県日本日本テレビ東宝歌手池内万作高等テレビ東京作品俳優出演出演作卒業女優所属長男

    ↑ PAGE TOP

    Copyright© 2011-2018 birthday-database.com All Rights Reserved.