生年月日データベース

遠藤周作えんどうしゅうさく

作家[日本]

1923年 3月27日

1996年 9月29日 死去肺炎による呼吸不全享年74歳
遠藤周作 - ウィキペディアより引用

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。
随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。
来歴・人物 父親の仕事の都合で幼少時代を満洲で過ごした。
帰国後の12歳の時に伯母の影響でカトリックの洗礼を受けた。
1941年上智大学予科入学、在学中同人雑誌「上智」第1号に評論「形而上的神、宗教的神」を発表した(1942年同学中退)。
慶應義塾大学文学部仏文科を卒業後、1950年にフランスへ留学。
帰国後は批評家として活動するが、1955年半ばに発表した小説「白い人」が芥川賞を受賞し、小説家として脚光を得た。
第三の新人の一人。
キリスト教を主題にした作品を多く執筆し、代表作に『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』などがある。
1960年代初頭に大病を患い、その療養のため町田市玉川学園に転居してからは「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の雅号を名乗り、ぐうたらを軸にしたユーモアに富むエッセイも多く手掛けた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

えんどう・しゅうさく 【遠藤 周作】(1923年-1996年) 1923年生まれ。東京出身。作家。小説家。神戸・六甲小学校、同・私立灘中学(旧制)卒、慶應義塾大学文学部予科を経て慶應義塾大学仏文科卒。リヨン大学(フランス)留学。 またの名を狐狸庵(こりあん)。小説家の顔とは別の顔で、狐狸庵シリーズとしてユニークで軽妙かつぴりっとしたユーモアエッセイを多く発表した。ネスカフェ・ゴールドブレンドCM「違いが分かる男」に1972年−1975年出演(作家・小説家の出演第一号。参考『ネスレCM情報』)。ブームが起こるほどの人気作家でもあった。素人劇団「樹座」の座長をつとめたり、素人コーラス「コール・パパス」を結成するなど、各種の(趣味の域をこえた)趣味活動も有名。 なお、熱心なキリスト教信者で、著書の殆どに宗教的な話が出てくる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • エディプス
  • キリスト教
  • コンプレックス
  • テーマ
  • 三部作
  • 作家
  • 作風
  • 先生
  • 出自
  • 学生
  • 小説家
  • 幼少
  • 戦国
  • 戯曲
  • 文芸
  • 日本
  • 死後
  • 狐狸
  • 生涯
  • 留学
  • 評論
  • 随筆
  • 駆け出し