生年月日データベース

福士加代子ふくしかよこ

陸上長距離選手[日本]

1982年 3月25日

福士加代子 - 陸上長距離選手

福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。
2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。
オリンピック(女子陸上競技)には2004年アテネ大会・2008年北京大会・2012年ロンドン大会、2016年リオオデジャネイロ大会と、4大会連続して日本代表に選出(アテネ・北京・ロンドンの各3大会は長距離走・リオ大会はマラソン)。
また2006年・ドーハアジア競技大会女子10000mでは金メダル、世界陸上モスクワ大会・女子マラソンでは銅メダルをそれぞれ獲得。
さらに2013年・2016年の大阪国際女子マラソンで2度の優勝を果たしている。
基本データ 身長:161 cm 体重:45 kg 血液型:A型 所属:ワコール 通称:みちのくの爆走娘 主な経歴 青森県北津軽郡板柳町出身(大相撲元小結・高見盛の振分親方は同郷の先輩でもある)。

■ 関連書籍

陸上競技(長距離・マラソン)選手。3000m・5000m・ハーフマラソンの日本記録保持者。 1982年3月25日生まれ。青森県出身。青森県立五所川原工業高等学校卒。 2000年、実業団のワコールに入社。高校時代にこれといった実績はなかったが、ワコール入社後に急成長を遂げ、瞬く間に日本のエースと呼べる存在となった。 トラックや駅伝ではずば抜けた存在でありながら、マラソンにはなかなか挑戦して来なかった。2008年の大阪国際女子マラソンでようやく初マラソンに挑むも、準備不足が祟って30km過ぎから大失速。何度か倒れながらもゴールしたが、2時間40分54秒で19位という散々な結果に終わった。2度目のマラソン挑戦となった2010年10月のシカゴマラソンでは、2時間24分38秒のますまずのタイムで3位に入った。そして満を持して望んだ2012年の大阪国際女子マラソンだったが、25km過ぎで優勝した重友梨佐に離されてまたも失速、2時間37分35秒で9位に沈んだ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 大会
  • マラソン
  • オリンピック
  • 女子
  • 陸上競技
  • アテネ
  • ロンドン
  • 世界
  • 北京
  • 競走
  • アジア
  • アジア競技大会
  • ハーフ
  • 国際
  • 大阪
  • 日本
  • 記録
  • 選手権
  • 金メダル
  • 銅メダル
  • それぞれ
  • ドーハ
  • モスクワ
  • リオ
  • リオオデジャネイロ
  • リオデジャネイロ
  • 代表
  • 優勝
  • 時点
  • 獲得
  • 連続
  • 選出
  • 選手
  • 長距離
  • 陸上