誕生日データベース

原田宗典はらだむねのり

作家[日本]

1959年 3月25日

原田 宗典(はらだ むねのり、1959年3月25日 - )は、日本の小説家である。
東京都新宿区新大久保、および岡山県岡山市出身。
小説の他、軽妙な文体のエッセイや戯曲でも知られる。
妹はキュレーター、小説家の原田マハ。
家族は妻(エッセイでは「カミサン」としてたびたび登場)、子供が2人、犬2匹。
独身時代は猫を数匹飼っていたこともある。
中学生までを東京で過ごし、両親の都合で岡山県に引っ越す。
岡山県立岡山操山高等学校在学中、短編『失透』が学研コース文学賞に入選する。
1977年に、岡山操山高等学校より指定校推薦で早稲田大学第一文学部に入学する。
留年中にコピーライターの養成講座に通い、岩永嘉弘と出会う。
卒業後、岩永の主宰する事務所に入社、コピーライターとなる。
1984年、『おまえと暮らせない』が第8回すばる文学賞に佳作入選する。
1987年に退社し、フリーランスとなった。
その後、作家として本格的に活動を開始する。
1996年、中央自動車道をポルシェでドライブ中に大事故を起こしたことにより(本人によると、後ろ半分がつぶれて「ポルシェ」が「ポルシ」になったとのこと)、1年間休筆する。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    意外なくだもの
    歌手
    原田宗典
    発売元
    ポニーキャニオン
    発売日
    1992年6月19日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,180 より

日本の小説家。1959年3月25日、東京都生まれ。妹は小説家の原田マハ。中学生まで東京で過ごし、両親の都合で岡山県に転居。岡山県立岡山操山高等学校在学中、短編作品「失透」で学研のコース文学賞に入選した。77年に早稲田大学に進学し、卒業後はコピーライター岩永嘉弘の事務所に勤務する傍ら小説を執筆。84年、小説「おまえと暮らせない」ですばる文学賞に佳作入選し、87年に同事務所を退社後、作家として本格的に活動を開始した。以降、『十七歳だった!』(集英社)、『スメル男』(講談社)など、小説やエッセイを多数執筆している。13年、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(いずれも所持)で現行犯逮捕された。 (2013-9-11) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • エッセイ
  • 小説
  • 岡山県
  • 戯曲
  • エピソード
  • キャッチ
  • キュレーター
  • コピー
  • 共編
  • 原田マハ
  • 岡山市
  • 新大久保
  • 絵本
  • 翻訳
  • 著書
  • 詩集
  • カミサン
  • 両親
  • 中学生
  • 出身
  • 子供
  • 家族
  • 小説家
  • 引っ越
  • 文体
  • 時代
  • 東京
  • 独身
  • 登場
  • 都合