誕生日データベース

山尾悠子やまおゆうこ

作家[日本]

1955年 3月25日

山尾悠子(やまお ゆうこ、1955年3月25日 - )は、小説家、幻想文学作家。
その短い活動期間と難解な作品で、長い間カリスマ性をもって幻・伝説の作家と呼ばれてきたが、近年になって執筆活動を再開している。
1955年、岡山市生まれ。
本名は現在では非公開だが、『平凡パンチ』1978年11月13日号のインタビュー記事では本名を明かしたことがある。
岡山県立岡山操山高等学校を経て同志社大学文学部国文科卒。
大学在学中の1973年に「仮面舞踏会」を『SFマガジン』(早川書房)のSF三大コンテスト小説部門(のちのハヤカワ・SFコンテスト)に応募して選外優秀作に選ばれ、1975年11月号の「女流作家特集」で掲載されデビューした。
その後、山陽放送に勤務のかたわら『SFマガジン』、『奇想天外』(奇想天外社)、『SFアドベンチャー』(徳間書店)、『小説ジュニア』(集英社)等の雑誌に 作品を発表。
1979年に退職して執筆に専念し、1980年には書き下ろしの長編第1作『仮面物語』を上梓するが、1985年以降は作品発表が途絶え、徐々に伝説的な作家と見なされていく。

■ 関連書籍

昭和30年3月25日生 出生地:岡山県岡山市 同志社大学文学部卒 大学在学中の昭和48年「仮面舞踏会」をハヤカワSFコンテストに応募し最終候補作に残る。2年後、同作品が「SFマガジン」に掲載されデビュー。のち山陽放送に入社、テレビ制作部で美術を担当するが、2年ほどで退社、その後は執筆に専念する。作品はきわめて難解で前衛作家ボルヘスにたとえられ、熱狂的なファンを生んだ。結婚後は小説の世界から遠ざかるが、平成11年執筆を再開。12年旧作をまとめた「山尾悠子作品集成」が刊行された。代表作に「夢の棲む街 遠近法」「仮面物語」、歌集「角砂糖の日」など (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • ガイド
  • ブック
  • さいご
  • シュールレアリスム
  • ナルニア
  • ルイス
  • 世界
  • 作家
  • 単行本
  • 執筆
  • 岡山市
  • 幻想文学
  • 戦い
  • 澁澤
  • 物語
  • 石堂
  • 翻訳
  • 著作
  • 龍彦
  • もろとも
  • カタストロフ
  • カリスマ
  • クール
  • シリーズ
  • パターン
  • ファンタジー
  • 会員
  • 伝説
  • 作風
  • 再開
  • 初期
  • 創造
  • 協会
  • 味方
  • 子ども
  • 崩壊
  • 幼少期
  • 影響
  • 文体
  • 文藝
  • 日本
  • 最終巻
  • 歌人
  • 残酷
  • 活動
  • 発表
  • 経由
  • 芸術
  • 難解