生年月日データベース

フラナリー・オコナーMary Flannery O'Connor

作家[アメリカ]

1925年 3月25日

1964年 8月3日 死去享年40歳
フラナリー・オコナー - ウィキペディアより引用

フラナリー・オコナー(Flannery O'Connor, 1925年3月25日 - 1964年8月3日)はアメリカ合衆国ジョージア州サバンナ生まれの作家。
生涯 不動産業を営む家庭に一人っ子として生まれる。
16歳のときに紅斑性狼瘡という難病で父親を失い、母親との二人暮らしをおくるようになる。
進学してジョージア州立大学(現在のGeorgia College & State University)を卒業後、アイオワ州立大学の創作科で小説の執筆をはじめる。
のちに推薦をうけてニューヨーク州のサラトガ・スプリングスへ移り住み、出版社との契約を結ぶが、1949年に父と同じ病を発病し、以後はジョージア州で創作と治療を続けるようになる。
自宅には孔雀を飼い、インタビューや講演の依頼に応じていた。
カトリック教会について独自の意見をもち、終生抱き続けた。
死後も著作が出版され、彼女の名を冠したフラナリー・オコナー短編賞が設立された。
作風 アメリカ南部を舞台にした作品を著し、短篇小説の名手としても知られる。

■ 関連書籍

1925〜1964 米ジョージア州サヴァンナで生まれ、 39歳で、難病と闘いつつの執筆という激烈な生涯を終える。 「全米図書賞」「O・ヘンリー賞」 (引用元 Hatena Keyword)

「フラナリー・オコナー」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • ジョージア州
  • 著作
  • サバンナ
  • 作風
  • 短篇
  • 長篇
  • とき
  • エリテマトーデス
  • オコナー
  • 一人っ子
  • 不動産業
  • 作家
  • 全身性
  • 家庭
  • 拡大
  • 母親
  • 父親
  • 狼瘡
  • 生家
  • 紅斑
  • 進学
  • 難病