誕生日データベース

松村和子まつむらかずこ

歌手[日本]

1962年 3月23日

松村 和子(まつむら かずこ、1962年3月23日 - )は、日本の演歌歌手、ポップス歌手。
北海道天塩郡遠別町生まれ、苫小牧育ち。
ヒット曲「帰ってこいよ」で知られる。
来歴・人物 苫小牧市立緑小学校、和光中学校卒業。
歌手で北海芸能プロダクション社長の松村一郎は実父。
実母は民謡歌手で、民謡茶屋「じょんがら」を経営していた。
3人兄弟の真ん中。
O型。
既婚。
1980年4月21日、ロングヘアー姿で津軽三味線をギターの様に操る、演歌歌手としては異色のスタイルでビクター音楽産業からデビュー。
デビュー時のキャッチフレーズは、「帰ってきた男衆(やんしゅう)演歌」。
デビュー曲の「帰ってこいよ」(作詞:平山忠夫、作曲:一代のぼる、編曲:斉藤恒夫)がヒットを記録し、この年の第22回日本レコード大賞新人賞を受賞した。
翌1981年には『NHK紅白歌合戦』に出場を果たした。
その後、シングル「お加代ちゃん」「菜の花咲いてた」「こんな男に惚れてみろ」「かえりの港」「天」などを発売。
2008年発売の「風の津軽」では、久しぶりに三味線を弾きながらのスタイルを披露。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

演歌歌手。 1962年3月23日、北海道苫小牧市生まれ。 1980年に「帰って来いよ」でデビュー。 1980年、第22回日本レコード大賞にて新人賞受賞。 1981年、第32回紅白歌合戦に初出場。 その後ポップスに転向するもヒットに恵まれなかった。 →一発屋 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 歌手
  • デビュー
  • 苫小牧
  • のぼる
  • テレビ
  • 一代
  • 出場歴
  • 出演
  • 北海道
  • 天塩郡
  • 民謡
  • 演歌
  • 紅白歌合戦
  • 遠別町
  • しゅう
  • じょんがら
  • やん
  • キャッチフレーズ
  • ギター
  • スタイル
  • ヒット曲
  • ビクター
  • ビクターエンタテインメント
  • プロダクション
  • ヘアー
  • ロング
  • 一郎
  • 三味線
  • 中学校
  • 作曲
  • 作詞
  • 兄弟
  • 北海
  • 卒業
  • 和光
  • 姿
  • 実母
  • 実父
  • 小学校
  • 市立
  • 平山
  • 忠夫
  • 既婚
  • 松村
  • 津軽
  • 産業
  • 男衆
  • 異色
  • 真ん中
  • 社長
  • 経営
  • 編曲
  • 芸能
  • 音楽