誕生日データベース

アマンダ・プラマーAmanda Plummer

女優[アメリカ]

1957年 3月23日

アマンダ・プラマー - ウィキペディアより引用

アマンダ・プラマー(Amanda Plummer, 1957年3月23日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク市出身の女優である。
父親は俳優のクリストファー・プラマー、母親は舞台俳優のタミー・グライムズ 。
幼い時から母親の舞台に出演していたが、10代の頃は競馬の騎手になりたかったという。
高校卒業後ミドルバレー・カレッジで演劇を学ぶ。
1981年にブロードウェイ・デビューを果たし、1982年には、舞台『神のアグネス』でトニー賞助演女優賞を受賞。
2006年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のため来日。
2012年には北川悦吏子監督の日本映画『新しい靴を買わなくちゃ』に出演した。
主な出演作品 映画 テレビシリーズ 参照 外部リンク アマンダ・プラマー - allcinema Amanda Plummer - インターネット・ムービー・データベース(英語) Amanda Plummer - インターネット・ブロードウェイ・データベース(英語)。

■ 映像作品

■ 音楽作品

  • タイトル
    パルプ・フィクション
    歌手
    サントラ
    発売元
    MCAビクター
    発売日
    1994年9月28日
    新品価格
    ¥ 2,980 より
    中古商品
    ¥ 1 より

アマンダ・プラマー Amanda Plummer 女優 生年 ■ 1957年3月23日 出身地 ■ アメリカ/ニューヨーク市 ■父はクリストファー・プラマー、母は舞台女優のタミー・グライムズという家庭に生れる。両親は1960年に離婚。赤ちゃんのころから母主演の舞台に出演しながら各地を転々として育つ。高校卒業後バーモントのミドルバレー・カレッジに入学して演劇を学ぶ。1979年、オフ・ブロードウェイで本格的に舞台デビュー。その時から評論家から大注目を集め、1982年のブロードウェイで「神のアグネス」の主人公を演じてトニー賞の主演賞を受賞。その実力と存在感は演劇界に衝撃が走るほどのものだったという。そのことは1982年の「ガープの世界」で、ワン・シーンのみの出演だったが強烈な印象の残したことからも納得できる。以降、脇役ながらもその個性を十二分に発揮。「フィッシャー・キング」のヒロインも好演だったが、なんと言っても極めつけは「パルプ・フィクション」のハニー・バニーだろう。。じゃあなくって。「バタフライ・キス」でしょ。ねえ。ねえ。 死ぬまでにしたい10のこと(2003) 出演 KEN PARK(2002) 出演 セブンD(2000) 出演 ミリオンダラー・ホテル(2000) 出演 8 1/2の女たち(1999) 出演 オクトーバー22<未>(1998) 出演 GO!GO!L.A.(1998) 出演 シンプル・ウィッシュ<未>(1997) 出演 連鎖犯罪/逃げられない女<未>(1996) 出演 ルーザー<TVM>(1996) 出演 新アウター・リミッツ/ベストセレクション 超時空殺人事件/紫色の失踪<TVM>(1995〜1996) 出演 プロフェシー/ゴッド・アーミー全米公開版<未>(1995) 出演 …… (引用元 Hatena Keyword)

「アマンダ・プラマー」と関連する人物

連想語句
  • 映画
  • 俳優
  • 出演
  • 舞台
  • ゆう
  • アグネス
  • クリストファー
  • グライムズ
  • シリーズ
  • タミー
  • テレビ
  • トニー
  • ファンタスティック
  • プラマー
  • 作品
  • 国際
  • 母親
  • 演劇
  • 競馬
  • 騎手
  • カレッジ
  • デビュー
  • バレー
  • ブロードウェイ
  • ミドル
  • 助演
  • 卒業
  • 受賞
  • 女優
  • 女優賞
  • 父親
  • 高校