生年月日データベース

小平奈緒こだいらなお

女子スピードスケート選手[日本]

(平昌オリンピック代表選手、500m金メダル、1000m銀メダル獲得)

1986年 5月26日

小平奈緒 - 女子スピードスケート選手

小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。
バンクーバーオリンピック女子団体パシュート銀メダリスト。
信州大学教育学部卒業。
相澤病院所属。
新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校(2年)で500mの中学記録を樹立。
2001年(中学2年時)には全日本ジュニア(スプリント部門)で当時高校生の吉井小百合を破り、史上初の中学生王者に輝く。
伊那西高等学校ではインターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。
高校卒業後に富士急行と三協精機から勧誘されたが、教員になる夢を捨てず、清水宏保を育てた結城匡啓監督がいる信州大学教育学部へ進学。
1年時に第25回日本学生氷上競技選手権大会500mと1000mの2冠も達成。
2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。
4年時の2008年10月24日、全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。

■ 関連書籍

こだいら-なお 1986-平成時代の女子スピードスケート選手。昭和61年5月26日生まれ。伊那西高在学中のインターハイで女子500m,1000mに優勝。平成18年日本学生氷上競技選手権大会でも同種目で2冠。同年全日本スピードスケート距離別選手権大会の1000mで優勝。22年バンクーバー冬季五輪では500mは12位だったが,1000m・1500mともに5位に入賞,穂積雅子・田畑真紀と組んだチームパシュート(団体追い抜き)で銀メダルを獲得した。24年全日本スピードスケート距離別選手権の500m,1000m,1500mで2年連続,3回目の3冠を達成。25年全日本スピードスケート距離別選手権で500m,1000mを制して総合優勝。26年のソチ冬季五輪代表となり,500mで5位入賞,1000mは13位。同年ワールドカップ(W杯)第2戦(ソウル)500mでW杯初優勝,全日本スプリント選手権の4レースすべて1位の完全優勝で総合4連覇。27年W杯26-27年シーズン女子500mで種目別優勝をはたした。相沢病院所属。長野県出身。信州大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • オリンピック
  • スケート
  • スピード
  • 平昌
  • 世界
  • 選手権
  • 競技
  • 金メダル
  • サン
  • スプリント
  • ファ
  • ワールドカップ
  • 優勝
  • 大会
  • 日本
  • 李相花
  • 病院
  • 相澤
  • 総合
  • 距離
  • 銀メダル
  • 関係
  • 史上初
  • 女子
  • 成績
  • 所属
  • 活躍
  • 獲得
  • 選手