誕生日データベース

森山加代子もりやまかよこ

歌手[日本]

1942年 3月23日

森山 加代子(もりやま かよこ、1942年3月23日 - )は、北海道函館市出身の日本の歌手。
概略 1960年代は洋楽をベースとしたコミカルなイメージのカバー曲を中心に数多くのヒットソングを歌い、1970年代に入ってからは「白い蝶のサンバ」の歌謡曲が大ヒットした。
ニックネームは「かよチャン」。
1958年夏、札幌のジャズ喫茶『ロータリー」で歌っていたところを、マナセプロダクション社長の曲直瀬正雄にスカウトされて上京する。
水原弘率いる『水原弘とブルーソックス』の専属シンガーとなる。
1959年12月の日劇ウエスタンカーニバルに初出場。
1960年6月、イタリアの歌手ミーナ(英語版)の『月影のナポリ』(Tintarella di luna)の日本語カバーでレコード・デビュー。
『月影のナポリ』は50万枚を売り上げて、いきなりの大ヒットとなる。
続く『メロンの気持』『月影のキューバ』などヒットを連発。
ミュージック・ライフ誌の人気投票女性部門で第1位に選ばれる。
また新人としては異例の早さで同年の『第11回NHK紅白歌合戦』に初出場。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 概略
  • 水原弘
  • ウエスタン
  • カバー
  • カーニバル
  • サンバ
  • ドラマ
  • ヒット
  • プロダクション
  • マナセ
  • 代表曲
  • 出場歴
  • 日劇
  • 映画
  • 曲直瀬
  • 正雄
  • 紅白歌合戦
  • 関連
  • かよ
  • ところ
  • イメージ
  • コミカル
  • シンガー
  • ジャズ
  • スカウト
  • ソックス
  • ソング
  • ニックネーム
  • ブルー
  • ベース
  • ロータリー
  • 上京
  • 中心
  • 初出場
  • 喫茶
  • 専属
  • 札幌
  • 札幌市
  • 歌謡曲
  • 洋楽
  • 社長