誕生日データベース

佐藤文隆さとうふみたか

物理学者[日本]

1938年 3月23日

佐藤 文隆(さとう ふみたか、1938年3月23日 - )は、日本の宇宙物理学者・理論物理学者。
京都大学名誉教授。
専門は宇宙論・相対性理論。
1938年3月23日、佐藤茂吉・かね夫妻の三男として山形県西置賜郡鮎貝村(現・白鷹町)に生まれる。
兄弟姉妹は兄2人、姉4人、妹1人がいる。
父・茂吉は製材所を経営していた。
物心付いた頃には既に祖父母は没していた。
小学校6年生の時に湯川秀樹がノーベル物理学賞を受賞して湯川ブームが起きたのがきっかけで湯川に憧れるようになる。
中学卒業後は山形県立長井高等学校に進学し、この頃から勉強が面白く感じたという。
だが帰宅して勉強しようとすると「勉強をさせるために学校にいかせてやっているのに、家に帰ってまで勉強するとは何ごとだ」と叱られ、家業の手伝いをさせられた。
そのため家での勉強は親に隠れてしていた。
当時の長井高校では大学に進学する生徒はは学年中の1、2割で、成績がよければ東北大学に、そうでなければ山形大学に進学するのが普通だったが、大卒の会社員と結婚して東京都で生活していた姉たちの助言もあって東京大学か京都大学を受験しようということになりそれなら湯川が教授を務める京大理学部物理学科に進学しようと考え京大理学部を受験し合格。

■ 関連書籍

「佐藤文隆」と関連する人物

連想語句
  • 理論
  • 京都大学
  • 共著
  • 単著
  • 博士
  • 名誉教授
  • 学者
  • 宇宙
  • 山形県
  • 弟子
  • 業績
  • 物理
  • 相対性
  • 編著
  • 著作
  • 西置賜郡
  • 訳書
  • 論文
  • 関連
  • 鮎貝
  • かね
  • 三男
  • 佐藤
  • 夫妻
  • 専門
  • 茂吉