生年月日データベース

山田智彦やまだともひこ

作家[日本]

1936年 3月23日 生 (満82歳)

山田 智彦(やまだ ともひこ、1936年3月23日 - 2001年4月17日)は、日本の小説家。
来歴・人物 神奈川県生まれ。
1958年、早稲田大学文学部独文科卒業。
同大学院文学研究科独文科修士課程修了。
東京相互銀行(のち東京相和銀行)に勤務しながら小説を書き、1967年、「犬の生活」で文学界新人賞に佳作入選、デビュー。
以後4回芥川賞候補に挙がる。
1971年、初の作品集『結婚生活』を上梓、1976年、長編『水中庭園』で毎日出版文化賞受賞。
1976年の『重役候補』以来、企業小説を書き、ほかにビジネス書も執筆し、重点がそちらに移る。
1986年の『蒙古襲来』以来、歴史小説も書く。
作家活動を続けながらも銀行員を続け、1999年に同行が破綻するまで監査役や顧問を歴任した。
2001年週刊ポストに日蓮の連載をはじめるが、四週分を書いたが、すい臓がんで逝く。
作家の小林信彦とはともに作家かけだし時代からの親友で、小林は山田のことを「日本最初のモダン・ホラー作家」と評価し、ホラー小説集『蜘蛛の館』を編集、解説を執筆した。

■ 関連書籍

やまだ-ともひこ 1936-2001昭和後期-平成時代の小説家。昭和11年3月23日生まれ。昭和33年東京相互銀行(のち東京相和銀行)にはいり,監査役をへて顧問。その間小説をかきつづけ,「予言者」などの純文学系の作品で芥川賞候補5回。のち「重役室25時」「銀行頭取」など企業・経済小説を手がけた。自伝風な長編「水中庭園」で52年毎日出版文化賞。平成13年4月17日死去。65歳。神奈川県出身。早大卒。 (引用元 コトバンク)

「山田智彦」と関連する人物

連想語句
  • 小説
  • ビジネス
  • 銀行
  • 東京
  • 歴史
  • 候補
  • 出版
  • 文化
  • 文学界
  • 新人
  • 早稲田大学
  • 毎日
  • 独文
  • 監査
  • 相和
  • 神奈川県
  • 純文学
  • 著書
  • 顧問
  • すい臓がん
  • そちら
  • デビュー
  • ポスト
  • 上梓
  • 以後
  • 企業
  • 作品
  • 作家
  • 佳作
  • 修了
  • 修士
  • 入選
  • 勤務
  • 卒業
  • 受賞
  • 同行
  • 執筆
  • 大学院
  • 庭園
  • 文学
  • 文学部
  • 日蓮
  • 歴任
  • 水中
  • 活動
  • 生活
  • 相互
  • 破綻
  • 結婚生活
  • 芥川賞
  • 芥川龍之介
  • 蒙古
  • 襲来
  • 課程
  • 連載
  • 週刊
  • 重役
  • 重点
  • 長編