誕生日データベース

レナ・オリンLena Olin

女優[スウェーデン]

1955年 3月22日

レナ・オリン - ウィキペディアより引用

レナ・オリン(Lena Olin, 1955年3月22日 - )は、スウェーデン出身の女優。
生い立ち ストックホルムに3人兄弟の末っ子として生まれる。
両親ともに俳優で、父親スティグ・オリンはイングマール・ベルイマン作品の常連であった。
1975年に北欧のミスコンテスト(Miss Scandinavia)で優勝。
その後、スウェーデン王立演劇アカデミーやロイヤル・ドラマティック・シアターで演技を学び、シェイクスピアやイプセンの舞台に出演。
ベルイマン監督作品にも端役で出演した。
キャリア その後スウェーデン映画から徐々に映画に出演するようになり、1988年にダニエル・デイ=ルイス、ジュリエット・ビノシュと共演した『存在の耐えられない軽さ』で英語映画に初出演し、同時に大胆なヌードを披露して注目を集めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Lena Olin(1955年3月22日-) スウェーデン出身の女優。 1994年に映画監督ラッセ・ハルストレムと結婚。 主な出演作品 ファニーとアレクサンデル (1982年) 存在の耐えられない軽さ (1988年) ショコラ (2000年) ハリウッド的殺人事件 (2003年) カサノバ (2005年) (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 出演
  • ベルイマン
  • イプセン
  • イングマール
  • キャリア
  • シェイクスピア
  • シリーズ
  • ストックホルム
  • テレビ
  • 映画
  • 私生活
  • アカデミー
  • オリン
  • コンテスト
  • シアター
  • スウェーデン
  • スティグ
  • ドラマティック
  • ミス
  • ロイヤル
  • 両親
  • 俳優
  • 優勝
  • 兄弟
  • 北欧
  • 常連
  • 末っ子
  • 演劇
  • 演技
  • 父親
  • 王立
  • 監督
  • 端役
  • 舞台