生年月日データベース

江國香織えくにかおり

作家[日本]

1964年 3月21日 生 (満54歳)

江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。
  1987年の『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。
2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。
詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。
父はエッセイストの江國滋。
東京都世田谷区出身。
順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。
アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。
1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。
1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。
翌年に『草之丞の話』で、はないちもんめ小さな童話賞大賞。
1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。
同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。
1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

えくにかおり(1964〜)。作家 1964年3月21日東京都世田谷区生まれ。84年目白学園女子短期大学国語国文科卒業後、米国デラウェア大学で詩を学ぶ。 随筆家江國滋を父に持ち、美しい日本語感覚を持っている。 流れるように、しっくり来る表現は若い女性を筆頭に男女を問わず支持されている。 『桃子』が飛ぶ教室と言う雑誌にてデビュー作。以来数々の賞を受賞。2004年1月、『号泣する準備はできていた』 (新潮社)で第130回直木賞を受賞した。 代表作に『きらきらひかる』『つめたいよるに』『ホリー・ガーデン』など。記憶に新しいのは『冷静と情熱のあいだ ROSSO』は辻仁成『冷静と情熱のあいだ Blue』とのコラボレーション、2人で定期的に会い、話を構築してできた。映画化もされている。 『東京タワー』は2004年秋、V6岡田・黒木瞳で映画化、『スイートリトルライズ』は2010年3月に、中谷美紀・大森南朋で映画化された。 2010年『真昼なのに昏い部屋』で第5回中央公論文芸賞、2012年 『犬とハモニカ』で第38回川端康成文学賞を受賞した。 小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。海外の絵本の翻訳も手がけている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 小説
  • エッセイ
  • 作家
  • 童話
  • 絵本
  • アンソロジー
  • ボート
  • 児童
  • 共著
  • 収録
  • 受賞歴
  • 対談
  • 文学
  • 江國
  • 直木賞
  • 短編
  • 神様
  • 翻訳家
  • 著書
  • 詩人
  • 詩集
  • 長編
  • エッセイスト
  • 人気
  • 作品
  • 出発
  • 受賞
  • 号泣
  • 夕方
  • 多数
  • 海外
  • 準備
  • 翻訳
  • 草之丞
  • 落下
  • 詩作