生年月日データベース

夏純子なつじゅんこ

女優[日本]

1949年 3月21日

夏 純子(なつ じゅんこ、1949年3月21日 - )は、日本の女優。
東京都西多摩郡五日市町出身。
身長160cm、体重45kg。
本名は坂本 道子(さかもと みちこ)。
趣味は書道・水泳・スキー。
来歴・人物 小学校時代に書き始めた日記で文章を書くことに興味をおぼえ、中学校時代には詩や小説を書くようになり、そのうち小説の主人公にどうしてもなりたくて、それを実現するには女優しかないと映画界へとび込む。
1967年、若松孝二が監督した映画『犯された白衣』に本名の坂本 道子名義で初出演。
デビュー作でヌードを披露した。
1970年の映画『三匹の牝蜂』の演技を評価され、「第二の浅丘ルリ子に!」と期待され、1970年8月1日付で専属契約を結ぶ。
日活としては「フリーとして3年ほど大映や東映で活躍し、演技面での心配はなにもない!」というのが強味であった。
同年8月に『野良猫ロック ワイルド・ジャンボ』に出演した後、初主演作である『いちどは行きたい女風呂』で浜田光夫の恋人役を演じ本格的にデビュー。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • 近代
  • スキー
  • テレビドラマ
  • バラエティ
  • 五日市町
  • 出演
  • 受賞
  • 小説
  • 時代
  • 書道
  • 水泳
  • 舞台
  • 若松孝二
  • 趣味
  • 関連
  • さかもと
  • みちこ
  • 中学校
  • 主人公
  • 出身
  • 坂本
  • 女優
  • 実現
  • 小学校
  • 文章
  • 日記
  • 本名
  • 東京都
  • 興味
  • 道子