生年月日データベース

加藤和彦かとうかずひこ

音楽プロデューサーミュージシャン作曲家、元 ザ・フォーク・クルセダーズ[日本]

1947年 3月21日

2009年 10月16日 死去自殺享年63歳

加藤 和彦 (かとう かずひこ、1947年3月21日 - 2009年10月16日)は日本の音楽プロデューサー、作曲家、ギタリスト、歌手。
「トノバン」または「トノヴァン」という愛称で呼ばれることもあるが、これはライブでドノヴァンの楽曲をカバーするなどしたことに由来する。
1960年代後半にフォークグループザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)でデビュー。
その後、ソロ活動に移行し、並行して1970年代初頭から中盤にかけてロックバンドサディスティック・ミカ・バンドを結成するなど、斬新なアイデアに満ちた創作活動で、1960年代後半から70年代の日本のミュージックシーンをリードした。
1977年、作詞家の安井かずみと再婚。
彼女が病に倒れる1990年代初頭まで「作詞・安井かずみ/作曲・加藤和彦」のコンビで、通称『ヨーロッパ三部作』などのソロ作品の他、数々の作品を他ミュージシャンに提供した。
また、時代の先端を行くファッショナブルな二人のライフスタイルも世間の注目を集めた。
さらに、1980年代から映画・舞台音楽、1990年代後半からはスーパー歌舞伎の音楽など、ポップミュージックの垣根を越えた様々なジャンルの音楽も幅広く手掛けていた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ミュージシャン、作曲家。音楽プロデューサー。 1947年(昭和22年)3月21日、生まれ。京都市出身。 1965年(昭和40年)アマチュアフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成。「帰って来たヨッパライ」が大ヒット。1968年(昭和43年)解散。 その後、ロックへ転向。「サディスティック・ミカ・バンド」を結成し、イギリスツアーを敢行するも、福井ミカとの離婚をきっかけに解散。 その後、作詞家安井かずみ(故人)と再婚しのコンビで数多くのアルバムおよび曲を発表。 1989年(平成元年)に桐島かれんを迎えてサディスティック・ミカ・バンドを再結成。 2002年(平成14年)には、ザ・フォーク・クルセダーズのシングル第2弾になる予定だったが、政治的な圧力により発売が中止された「イムジン河」が34年ぶりに再発されるのを記念してザ・フォーク・クルセダーズを一時的に再結成。 2009年(平成21年)10月16日、長野県軽井沢で逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アルバム
  • オムニバス
  • ギタリスト
  • グラフィ
  • サウンドトラック
  • シングル
  • スタジオ
  • ディスコ
  • トノ
  • ドノヴァン
  • プロデューサー
  • ベスト
  • ライヴ
  • 交友
  • 作品
  • 作曲家
  • 創作
  • 受賞歴
  • 愛称
  • 概要
  • 歌手
  • 趣味
  • 音楽
  • これ
  • カバー
  • バン
  • ライブ
  • ヴァン
  • 楽曲
  • 由来