誕生日データベース

竹田真砂子たけだかつじ

作家[日本]

1938年 3月21日

竹田 真砂子(たけだ まさこ、1938年3月21日 - )は、日本の小説家。
時代小説を得意とする。
来歴・人物 東京神楽坂出身。
法政大学文学部教育学科卒。
1982年『十六夜に』でオール讀物新人賞受賞、2003年『白春』で第9回中山義秀文学賞受賞、2011年『あとより恋の責めくれば-御家人南畝先生』で第30回新田次郎文学賞を受賞した。
また、邦楽を軸にした舞台作品も多く、国立劇場、新橋演舞場、紀尾井ホールなどで上演されている。
舞踊詞として作られた「蛍」はその後コンサートホールなどで演奏され、CD「今藤政太郎作品集1」に収録されている。
現在、中山義秀文学賞選考委員を務める。
著書 『写真芸者小とみ』講談社 1985 『鏡花幻想』講談社 1989 のち文庫 『信玄公ご息女の事につき』新潮社(新潮書下ろし時代小説) 1990 『雪の降る音』白水社(物語の王国) 1991 『三千世界の烏を殺し 高杉晋作と妻政子』祥伝社 1991 「志士の女」文庫 『雷鳴の中で 小説・曾我兄弟』講談社 1992 『花は橘』集英社 1992 「小説・十五世羽左衛門」文庫 市村羽左衛門 (15代目) 『牛込御門余時』集英社 1996  のち文庫 (短編集) 『宵の夢』文藝春秋 1997 『七代目』集英社 1998 市川海老蔵 (7代目)が登場する表題作ほかの短編集  『歌舞伎ます』学陽書房 1998 『浄瑠璃坂の討入り 忠臣蔵への道』集英社 1999 (浄瑠璃坂の仇討) 『白春』集英社 2002 (小野寺十内) 『桂昌院藤原宗子』集英社 2007 『あとより恋の責めくれば 御家人南畝先生』集英社 2010 のち文庫  『美しき身辺整理』新潮社 2010 のち文庫   主な舞台台本 邦楽劇「春琴抄」「荒絹」 舞踊詞「蚊」「大老」 舞踊劇「花繋ぎ」「千姫夢幻」など 2006年、京都「鴨川をどり」脚本。

■ 関連書籍

たけだ-まさこ 1938-昭和後期-平成時代の小説家。昭和13年3月21日生まれ。昭和57年「十六夜に」でオール読物新人賞。平成15年「白春」で中山義秀文学賞。23年「あとより恋の責めくれば御家人南畝先生」で新田次郎文学賞。時代小説を中心に活躍,「鴨川をどり」など邦楽舞台作品の台本も多くてがける。東京都出身。法大卒。本名は川俣昌子。作品はほかに「鏡花幻想」「桂昌院藤原宗子」,舞踊劇「千姫夢幻」,朗読劇「春琴抄」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 文学
  • 著書
  • ホール
  • 中山
  • 受賞
  • 義秀
  • 舞台
  • オール
  • 作品
  • 劇場
  • 台本
  • 国立
  • 文学部
  • 新人
  • 新橋
  • 新田
  • 次郎
  • 法政大学
  • 演舞
  • 神楽坂
  • 紀尾井
  • 讀物
  • 邦楽
  • あと
  • コンサート
  • 上演
  • 今藤
  • 先生
  • 写真
  • 出身
  • 十六
  • 南畝
  • 収録
  • 多く
  • 委員
  • 学科
  • 小説
  • 得意
  • 御家人
  • 政太郎
  • 教育
  • 時代
  • 東京
  • 演奏
  • 現在
  • 舞踊
  • 芸者
  • 選考