生年月日データベース

田上秀則たのうえひでのり

プロ野球選手[日本]

1980年 3月20日

田上秀則 - ウィキペディアより引用

田上 秀則(たのうえ ひでのり、1980年3月20日 - )は、大阪市住之江区出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)。
プロ入り前 敷津浦小学校時代に野球を始め、住之江中学校進学後は黒田一博が監督を務めていたボーイズリーグ・オール住之江に入団。
大阪産業大学附属高校を経て入学した九州共立大学では、山村路直・新垣渚ら大学球界を代表する投手の球を受けてきた。
大学2年時には明治神宮野球大会で優勝。
打者としても大学最後のシーズンでリーグ新となる9本塁打を打ち、その年のドラフトで中日ドラゴンズに3巡目で指名され入団。
背番号9を与えられ、大型捕手と期待された。
中日時代 入団2年目の2003年に、ウエスタン・リーグで13本塁打を放って本塁打王を獲得。
2004年には監督に就任したばかりの落合博満から「右の4番候補」の一人として期待された。
しかし、4年間で1軍出場13試合、2安打と結果を残せず、2005年オフに戦力外通告を受けた。
通告後には、福岡ソフトバンクホークスの入団テストを受験。
城島健司がFA宣言したため捕手の補強を目指していたチーム事情を背景に、合格へ至った。

プロ野球選手。 右投右打、ポジションは捕手*1。背番号は9→56→70→31番。 1980年3月20日生まれ。大阪府大阪市住之江区出身。 大阪産業大学附属高校から九州共立大学に進学。 山村路直や新垣渚とバッテリーを組み、2年次には明治神宮野球大会で優勝。 4年次ではリーグ新となる9本塁打を打つ。 2002年、ドラフト3巡目で中日ドラゴンズに入団。 2003年、ウエスタンリーグで活躍、13本塁打で本塁打王を獲得。 2006年、福岡ソフトバンクホークスに移籍。 同年、3番打者として定着。 2009年、25本塁打を放ち正捕手の座を獲得。 2010年、杉内俊哉とともに最優秀バッテリー賞を受賞。 2011年、FA移籍した細川亨に正捕手を奪われ、故障もあって出場機会が激減。 2013年オフ、現役引退。 *1:長打力に定評があることから、一塁を守ることも多い。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年度
  • 成績
  • 時代
  • スタイル
  • ソフトバンク
  • プレー
  • プロ
  • プロ野球
  • 中日
  • 住之江区
  • 内野手
  • 大阪市
  • 守備
  • 打撃
  • 捕手
  • 登場
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • たのうえ
  • ひでのり
  • ドラマ
  • 出身
  • 田上
  • 秀則