誕生日データベース

田上秀則たのうえひでのり

プロ野球選手[日本]

田上秀則 - ウィキペディアより引用
田上 秀則(たのうえ ひでのり、1980年3月20日 - )は、大阪市住之江区出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)。
プロ入り前 敷津浦小学校時代に野球を始め、住之江中学校進学後は黒田一博が監督を務めていたボーイズリーグ・オール住之江に入団。
大阪産業大学附属高校を経て入学した九州共立大学では、山村路直・新垣渚ら大学球界を代表する投手の球を受けてきた。
大学2年時には明治神宮野球大会で優勝。
打者としても大学最後のシーズンでリーグ新となる9本塁打を打ち、その年のドラフトで中日ドラゴンズに3巡目で指名され入団。
背番号9を与えられ、大型捕手と期待された。
中日時代 入団2年目の2003年に、ウエスタン・リーグで13本塁打を放って本塁打王を獲得。
2004年には監督に就任したばかりの落合博満から「右の4番候補」の一人として期待された。
しかし、4年間で1軍出場13試合、2安打と結果を残せず、2005年オフに戦力外通告を受けた。
通告後には、福岡ソフトバンクホークスの入団テストを受験。
城島健司がFA宣言したため捕手の補強を目指していたチーム事情を背景に、合格へ至った。
連想語句
年度成績時代スタイルソフトバンクドラマプレープロプロ野球中日住之江区内野手大阪市守備打撃捕手登場背番号表彰記録詳細選手関連たのうえひでのり出身田上秀則

↑ PAGE TOP