誕生日データベース

大原まり子おおはらまりこ

SF作家[日本]

1959年 3月20日

大原 まり子(おおはら まりこ、1959年3月20日 - )は大阪府出身の日本の小説家、SF作家。
聖心女子大学文学部心理学科卒。
夫はSF作家の岬兄悟。
神林長平とともに「SF作家第三世代」を代表する作家。
活動 デビュー以降、旺盛な執筆で女流のみならず日本のSF全体を牽引した。
処女単行本は本格SFの背景を持った連作短編集であり、中島梓に賞賛された。
その後同一の世界観を元にした作品がいくつか書かれた。
本格SFの各シリーズを中心に、ジュブナイルや恋愛小説的な作品、ゲームやラジオドラマの原作、書評など幅広く活動。
岡崎京子の漫画原作も担当した。
英訳による日本文学のアンソロジー『Monkey Brain Sushi』には村上春樹、橋本治、高橋源一郎らの作品とともに短編『Girl(原題: 少女)』が収録された。
代表作に『ハイブリッド・チャイルド』『戦争を演じた神々たち』などがある。
1980年 - 『一人で歩いていった猫』が第6回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選し、デビュー。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 活動
  • アンソロジー
  • 作品
  • 作家
  • 日本
  • エッセイ
  • 原作
  • 収録
  • 小説
  • 岡崎京子
  • 岬兄悟
  • 文学
  • 本格
  • 村上春樹
  • 橋本治
  • 神林長平
  • 聖心女子大学
  • いくつか
  • ゲーム
  • サイエンス
  • シリーズ
  • ジュブナイル
  • デビュー
  • ドラマ
  • フィクション
  • ラジオ
  • 世界観
  • 中島
  • 中心
  • 代表
  • 全体
  • 処女
  • 単行本
  • 同一
  • 執筆
  • 女流
  • 学科
  • 心理
  • 恋愛
  • 担当
  • 文学部
  • 旺盛
  • 書評
  • 栗本薫
  • 漫画
  • 牽引
  • 短編
  • 背景
  • 英訳
  • 賞賛
  • 連作