生年月日データベース

倉田保昭くらたやすあき

俳優[日本]

1946年 3月20日

倉田 保昭(くらた やすあき、1946年(昭和21年)3月20日 - )は、日本のアクション俳優。
本名同じ。
空手七段、柔道三段、合気道二段。
愛称は和製ドラゴン。
俳優以外に倉田プロモーション代表、全日本双節棍道連盟最高顧問、創武館道場代表。
創造学園大学(2013年に閉校)創造芸術学部芸術学科客員教授も務めていた。
茨城県新治郡桜村(現・つくば市)出身。
父親は織物業を営み、少年時代から父親の元で空手の練習に励む。
しかし小学四年の時織物業が倒産、埼玉県大宮市(現:さいたま市)に一家で引越し、この時から糸東流空手の道場に通い始める。
高校は東京の海城高等学校に入学し、柔道部で活躍。
高校卒業後、一年間の浪人生活を経て日本大学芸術学部演劇学科に入学。
中学、高校でマスターした空手、柔道に続く新しい試みとして合気道を始め、大学4年の時には合気道部を設立する。
大学卒業の時、友人に誘われるまま、東映演技研修所の第一期生となり、1966年、テレビドラマ『丸出だめ夫』でデビューし、翌年『続・組織暴力』で映画デビューを果たした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名倉田保昭 性別男性 生年月日1946/03/20 星座うお座 干支戌年 血液型O 出身地茨城県 身長172cm 体重69kg デビュー年1971 職種タレント・俳優・女優 資格・免許空手五段/柔道三段/合気道二段 プロフィール1971年、日本大学芸術学部演劇学科卒業後、香港ショーブラザーズ社『悪客』で香港映画デビュー。一躍、香港映画でブルース・リーと並ぶスーパースターとなる。香港映画出演作品だけでも『帰って来たドラゴン』など70本を超え、『七福星』ではジャッキー・チェンと共演する。また自ら企画、原案、プロデュース、主演を行った『ファイナル・ファイト』を製作。1997年には自らの半生を綴った『和製ドラゴン放浪記』を出版する。この作品は後に劇画化されヤングチャンピオンで掲載された。現在も現役でアクション映画に出演する傍ら、(株)倉田プロモーション代表として後進を育成。全日本双節棍道連盟最高顧問、創武館道場代表を務める。 デビュー作映画『悪客』(香港映画) 代表作品NHK『徳川家康』/映画『悪客』・『帰って来たドラゴン』・『ぼくらの七日間戦争』/著書『和製ドラゴン放浪記』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 出演
  • オリジナル
  • ゲスト
  • コンテンツ
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • ブルース
  • プロモーション
  • モバイル
  • ラジオ
  • リー
  • レコード
  • 代表
  • 倉田
  • 創造学園大学
  • 合気道
  • 国内
  • 日本人
  • 映画
  • 海外
  • 芸術
  • ドラゴン
  • 俳優
  • 全日本
  • 創造
  • 双節棍
  • 和製
  • 学科
  • 学部
  • 客員
  • 愛称
  • 教授
  • 最高
  • 武館
  • 連盟
  • 道場
  • 閉校
  • 顧問