生年月日データベース

福永武彦ふくながたけひこ

作家、フランス文学者[日本]

1918年 3月19日

1979年 8月13日 死去享年62歳
福永武彦 - ウィキペディアより引用

福永 武彦(ふくなが たけひこ、1918年(大正7年)3月19日 - 1979年(昭和54年)8月13日)は、日本の小説家、詩人、フランス文学者。
東京帝国大学の学生であった福永末次郎と日本聖公会の伝道師であったトヨの長男として、福岡県筑紫郡二日市町(現・筑紫野市二日市)に生まれる。
東大卒業後に三井銀行に就職した父・末次郎の転勤によって、横浜市、佐世保市、福岡市で過ごし、1926年6月、東京に転居する。
その前年の1925年3月に母・トヨは弟・文彦を生んだが、翌月産褥熱のため死去している。
開成中学、第一高等学校を経て、1941年、東京帝国大学文学部仏文科を卒業する。
1945年、治療と疎開のため北海道帯広市に移り、3ヶ月ほど滞在したのち一時東京に戻るが、翌年再び帯広に渡り、帯広中学校の英語教師として赴任する。
その年に処女作「塔」を発表する。
しかし冬に肋膜炎を再発し、1947年秋に手術のため上京し、清瀬の東京療養所に1953年まで入院した。
その間に同級生(旧制高校)の中村真一郎、加藤周一らと文学同人「マチネ・ポエティク」を結成し、日本語での押韻定型詩の可能性を追求した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

1918年、福岡生まれ。小説、詩、翻訳など多彩な分野で活躍。マチネ・ポエティクにおいて中村真一郎や加藤周一らと脚韻詩の可能性を模索した。1941年、東京帝国大学文学部フランス文学科卒業。 1979年、脳内出血のため死去。 怪獣映画『モスラ』の原作者の一人でもある。 また「加田伶太郎」というペンネームで、いくつかの短篇推理小説を発表した。「加田伶太郎」は「誰だろうか」のもじりである。作家の池澤夏樹は福永の息子。池澤春菜は孫にあたる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 福永
  • アナグラム
  • トヨ
  • フランス
  • 三井
  • 伝道師
  • 作品
  • 共著
  • 小説家
  • 愛好
  • 文学者
  • 映画
  • 末次郎
  • 東京
  • 筑紫野市
  • 翻訳
  • 聖公会
  • 著書
  • 詩人
  • 銀行
  • 開成
  • 中学
  • 中学校
  • 二日市
  • 二日市町
  • 佐世保市
  • 前年
  • 卒業
  • 大学
  • 学校
  • 学生
  • 就職
  • 帝国
  • 文彦
  • 東京大学
  • 東大
  • 横浜市
  • 死去
  • 産褥
  • 産褥熱
  • 福岡市
  • 福岡県
  • 筑紫郡
  • 翌月
  • 転勤
  • 転居
  • 長男
  • 高等