生年月日データベース

ターメル・スレッジTerrmel Sledge

プロ野球選手[アメリカ]

1977年 3月18日

ターメル・スレッジ - ウィキペディアより引用

ターメル・スレッジ(Terrmel Sledge, 1977年3月18日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
愛称は「スレッジハンマー」(両手で持つような大きいハンマーの意)。
アフリカ系アメリカ人の父と韓国人の母を持つハーフである。
プロ入り前 カリフォルニア州グラナダヒルズのジョン・F・ケネディ高校を経て、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校を卒業。
1998年のMLBドラフト45巡目でシンシナティ・レッズに指名されるが契約せず。
マリナーズ時代 翌1999年のMLBドラフト8巡目でシアトル・マリナーズに指名され契約。
エクスポズ・ナショナルズ時代 2000年9月にトレードでモントリオール・エクスポズに移籍。
2004年にエクスポズでメジャーデビューし、主に左翼手として133試合に出場し打率.269、15本塁打、62打点を記録。
エクスポズがワシントンD.C.へ移転し、名称をワシントン・ナショナルズと改めた2005年は開幕戦で、ナショナルズ第1号となる本塁打を放つ(4月4日、対フィラデルフィア・フィリーズ戦の6回表)も、20試合の出場に留まった。

プロ野球選手(外野手)。ノースカロライナ州出身。応援歌でも彼の出身地が登場し、「ノースカロライナパワー」と表現されている。 ロングビーチ州立大学卒業。現在は、外野からファーストまで幅広く守ることもある。 サンディエゴ・パドレス→北海道日本ハムファイターズ→横浜ベイスターズ→北海道日本ハムファイターズ 母が韓国人で、実家ではキムチを食べ続けてきたので、キムチが大好き。マイナーリーグでの経験が多いが、メジャーリーグではパドレスに在籍していたこともあった。 今回、セギノールの穴を埋めるための大砲として、来日することになった。最近は2割5分台と6本塁打で、ファイターズのクリーンナップを支えている。 打順は5番になったことから、心理的な負担も減り、結果に反映されたとの見方もある。3番稲葉、4番高橋信二、5番スレッジの打順が最近の起用法となっている。内外野の守備もやれることから、守備面でも期待されている。 日本球界にもアジャストでき結果を残せているが、肉離れなどに苦しめられている。 2010年、横浜ベイスターズに移籍するも、2011年オフに北海道日本ハムファイターズと契約合意に達し、古巣での一層の活躍が期待される。 2012年にケガなどに泣かされ、出場機会を大きく失い、ホフパワーが徐々に出場し始めている。復帰の道は断たれ、同年11月に退団を発表。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 日本ハム
  • アフリカ
  • アメリカ
  • アメリカ人
  • エクスポズ
  • スレッジ
  • ナショナルズ
  • ノースカロライナ州
  • ハーフ
  • パドレス
  • プロ
  • プロ野球
  • マリナーズ
  • レンジャーズ
  • 内野手
  • 合衆国
  • 外野手
  • 復帰
  • 横浜
  • 選手
  • 韓国人
  • ターメル
  • ハンマー
  • 出身
  • 愛称
  • 種類