誕生日データベース

小池秀郎こいけひでお

プロ野球選手[日本]

小池 秀郎(こいけ ひでお、1969年3月18日 - )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 プロ入り前 長野県の武蔵工業大学付属信州工業高等学校(現東京都市大学塩尻高等学校)に野球留学したが、甲子園には出場できなかった。
亜細亜大学では1990年春季に東都大学記録となるシーズン111奪三振を記録し(2007年に東洋大の大場翔太が115個を記録し更新)、大学選手権でも優勝。
大学通算63試合登板28勝14敗、防御率1.45。
最高殊勲選手に2度、最優秀投手に1度、ベストナインに2度選ばれ大学ナンバー1投手として注目された。
また、大場が従来のリーグ記録とされていた松沼雅之(東洋大)の通算376奪三振を更新した時点で、小池が通算394奪三振を挙げていたことが判明し、訂正された。
同年のドラフトでは。
後述するような入団希望の表明があり、西武、ヤクルト、阪神、ロッテ、中日、広島、日本ハム、近鉄の8球団が小池を1位で指名した。
連想語句
時代投手近鉄クラブタイトルプロプロ野球ベースボールロッテ一宮市中日年度引退復帰愛知県成績拒否指名楽天背番号表彰記録詳細選手こいけひでお出身小池秀郎

↑ PAGE TOP