誕生日データベース

砂田弘すなだひろし

児童文学作家[日本(朝鮮)]

1933年 5月26日

2008年 3月20日 死去胃がん享年76歳
砂田 弘(すなだ ひろし、1933年5月26日 - 2008年3月20日)は、日本の児童文学作家、評論家。
来歴・人物 当時日本の一部になっていた朝鮮半島の、現在の大韓民国に相当する地域で生まれる。
敗戦後は父の故郷である山口県に引き揚げ、いわゆる外地からの引揚者として育つ。
福岡県立修猷館高等学校在学中には北原白秋に傾倒し、高校の文芸誌にも多くの童謡を発表した。
早稲田大学文学部仏文学科卒業。
当初は大学公認サークルである現代文学研究会(生島治郎、富島健夫などを輩出)に入会する。
だが部室が早大童話会と斜め向かいの位置関係にあり、童話会にも出入りするようになると、童話会のほうに魅力を感じていった。
まったく同じサークル遍歴をたどった古田足日が同人の「小さな仲間」に参加。
古田らと交流を深めたを機に創作活動に専念。
多数の創作・伝記・評論を執筆した。
童話会メンバーが中心になって発足した「びわの実学校」の同人でもある。
タクシー運転手が欠陥車によって引き起こされた事故に巻き込まれて葛藤する姿を描いた『さらばハイウェイ』(1970年、偕成社)で日本児童文学者協会賞受賞。

■ 関連書籍

連想語句
  • 早稲田大学
  • 修猷館
  • 北原白秋
  • 外地
  • 大韓民国
  • 学校
  • 山口県
  • 引揚者
  • 文学部
  • 朝鮮半島
  • 生島治郎
  • 県立
  • 福岡
  • 翻訳
  • 著書
  • 評論家
  • 高等
  • サークル
  • 一部
  • 仏文学
  • 作家
  • 傾倒
  • 公認
  • 卒業
  • 在学
  • 地域
  • 多く
  • 大学
  • 学会
  • 当初
  • 当時
  • 故郷
  • 敗戦
  • 文芸
  • 日本
  • 現代文
  • 現在
  • 発表
  • 相当
  • 童謡
  • 高校