生年月日データベース

吉松隆よしまつたかし

作曲家[日本]

1953年 3月18日 生 (満65歳)

吉松 隆(よしまつ たかし、1953年3月18日 - )は、日本の作曲家。
東京都渋谷区生まれ。
幕末維新期の国学者・大国隆正の子孫として東京代々木に生まれ育つ。
父方の祖父は東宮(のちの昭和天皇)の侍医。
幼少時は犬を飼っており、散歩中に発見したがらくたを組み立てることを日課としていたという。
慶應義塾高等学校に入学した時は医学部進学を希望していたが、やがて交響曲作家に憧れ志望を変更。
慶應義塾大学工学部在学中、松村禎三に弟子入りする。
作風において影響は全く受けなかったと吉松は自嘲するが、1974年のピアノ独奏曲「シリウスの伴星によせる」(作品番号1)には松村を含む現代音楽の影響が濃厚である。
和声と対位法を学ぶよう松村に勧められ、東京藝術大学教授の川井学を紹介されたが数ヶ月でレッスン受講を断念。
1974年3月には慶応義塾大学を退学した。
またこの頃には芸術音楽としての作曲を行う一方、ピンク・フロイド、イエス、EL&P等のプログレッシブロックに心酔し、キーボード奏者としてロックバンドにも参加した。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

作曲家。 1953年東京生まれ。慶応大学卒業後、独学で作曲を学ぶ。 現代音楽の即物性に反発し「世紀末叙情主義」を名乗る。 代表作に「朱鷺によせる哀歌」などがある。 ロック・ジャズ、マンガなどポップカルチャーにも詳しい。 2003〜2004年にフジテレビ系で放送された「ASTRO BOY 鉄腕アトム」の劇伴を担当。 現在、イギリスCHANDOSレーベルの専属作曲家。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 管弦楽
  • オーケストラ
  • テープ
  • ピアノ
  • ポップス
  • マンドリン
  • 主要
  • 交響曲
  • 作品
  • 共著
  • 出演
  • 協奏曲
  • 受賞歴
  • 室内
  • 放送
  • 映画
  • 楽曲
  • 歌劇
  • 編曲
  • 編著
  • 著書
  • 邦楽
  • 関連
  • 音楽