生年月日データベース

永井路子ながいみちこ

女優[日本]

1946年 3月18日

永井路子 - ウィキペディアより引用

永井 路子(ながい みちこ、1925年3月31日 - )は、日本の歴史小説家。
本名は黒板擴子(くろいた ひろこ)。
来歴・人物 東京市本郷区に生まれる。
実父は来島清徳、実母は声楽家の永井智子。
血縁的には大叔父に当たる永井八郎治の長女として入籍。
その後茨城県古河町(現古河市)で育つ。
茨城県立古河高等女学校(現茨城県立古河第二高等学校)、東京女子大学国語専攻部を卒業、戦後は東京大学で経済史を学んだ。
小学館に勤務し、『女学生の友』や『マドモアゼル』等の編集に従事。
編集者としても有能であり、「白いトックリのセーターに黒のタイト姿で、夜遅くまで仕事をする彼女は若い男性社員の憧れの的であった」と大村彦次郎は述べている。
担当した作家には松本清張らがいる。
『近代説話』の同人となり、歴史に対する独特の視点で同誌に発表した作品は有名であった。
近代説話の発起人だった司馬遼太郎は、この雑誌をやめたいと漏らしていたが、永井が直木賞を取るまでは雑誌発刊を続けようと考えたほどである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 古河
  • 東京
  • 県立
  • 茨城
  • 高等
  • 共編
  • 卒業
  • 受賞歴
  • 古河市
  • 学校
  • 実父
  • 本郷
  • 東京女子大学
  • 永井智子
  • 茨城県
  • 著書
  • 関連
  • 一人娘
  • 入籍
  • 八郎治
  • 古河町
  • 国語
  • 声楽家
  • 大叔父
  • 女学校
  • 実家
  • 実母
  • 専攻
  • 当地
  • 戦後
  • 文京区
  • 来島
  • 東京大学
  • 死去
  • 永井
  • 清徳
  • 生後
  • 目的
  • 転居
  • 長女