生年月日データベース

今井信子いまいのぶこ

ヴィオラ奏者[日本]

1943年 3月18日

今井信子 - ウィキペディアより引用

今井 信子(いまい のぶこ、1943年3月18日 - )は、日本のヴィオラ奏者。
水戸室内管弦楽団メンバー。
1983年から2003年までドイツ国立デトモルト音楽大学の教授を務め、現在はジュネーヴ音楽院とアムステルダム音楽院の教授を務めながら、各国で演奏活動を行っている。
1988年以来、アンドレア・グァルネリ(1690年製作)を弾いている。
東京都生まれ。
6歳でヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学で室内楽を齋藤秀雄に師事する。
1964年、桐朋学園オーケストラのアメリカ・ツアーでコンサートミストレスを務め、そのままアメリカに残り、タングルウッド音楽祭で小澤征爾指揮ボストン響のリヒャルト・シュトラウスの『ドン・キホーテ』を聴いたことをきっかけにヴィオラに転向する。
1965年、イェール大学大学院に入学。
1966年、ジュリアード音楽院に移り、ワルター・トランプラーにヴィオラを師事する。
1967年にミュンヘン国際音楽コンクール、1968年にジュネーブ国際音楽コンクールで最高位に入賞。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ヴィオリスト。 桐朋学園大、エール大学大学院、ジュリアード音楽院に学び、67年ミュンヘン、68年ジュネーヴの両国際コンクールで最高位を受賞した。89年パリ管弦楽団と武満徹「ア・ストリング・アラウンド・ オータム」を世界初演、90年ベルリン・フィル定期演奏会でソリストを務めるなど、世界各国の著名オーケストラと共演を重ね、数々の名演を行っている。芸術選奨文部大臣賞、モービル音楽賞、サントリー音楽賞など受賞も数多く、紫綬褒章も受章している。 室内楽の活動にも積極的で、2003年には弦楽四重奏団「ミケランジェロ・カルテット」を結成し、新たな活動を始めている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 音楽院
  • 音楽
  • アムステルダム
  • アメリカ
  • ウッド
  • グァルネリ
  • グル
  • コンサート
  • ジュネーヴ
  • タン
  • デト
  • ミストレス
  • モルト
  • レパートリー
  • ヴァイオリン
  • 受賞歴
  • 室内楽
  • 教授
  • 東京都
  • 桐朋学園大学
  • 著書
  • 齋藤秀雄
  • アンドレア
  • オーケストラ
  • ツアー
  • ドイツ
  • ンバー
  • 各国
  • 国立
  • 大学
  • 師事
  • 桐朋学園
  • 活動
  • 演奏
  • 現在
  • 製作