生年月日データベース

フランク永井ふらんくながい

歌手[日本]

1932年 3月18日

フランク永井 - ウィキペディアより引用

フランク 永井(フランク ながい、1932年3月18日 - 2008年10月27日)は日本のムード歌謡歌手である。
本名は、永井 清人(ながい きよと)。
宮城県志田郡松山町(現・大崎市)出身。
独特の低音で多くの人を魅了し、歌謡界に大きな軌跡を残した。
歌手デビュー 幼少時に父を亡くしたが、母が映画館経営をしていたため、不自由なく育つ。
幼少時から歌手に強い憧れがあり、昭和26年ごろに東京へ出て就職していた兄を頼り上京。
進駐軍のキャンプ地でのトレーラー運転手、アルバイト生活を経て、アメリカ軍のクラブ歌手として月100ドルで契約する。
さまざまな「のど自慢大会」に出場し、「のど自慢荒らし」の異名をとったが、1955年(昭和30年)に日本テレビの『素人のど自慢』の年間ベストワンに選ばれたのを機に、ビクターと契約。
同年9月に『恋人よ我に帰れ』でデビューした。
ジャズを得意としたがヒットに恵まれず、先輩歌手であるディック・ミネの勧めや、作曲家・吉田正との出会いを期に歌謡曲に転向した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

フランク-ながい 1932-2008昭和時代後期の歌手。昭和7年3月18日生まれ。米軍のクラブ歌手をへて昭和30年日本ビクター専属となり,32年「有楽町で逢いましょう」がヒット。以後「夜霧に消えたチャコ」,「君恋し」(36年レコード大賞)など低音の魅力でヒットを連発した。60年自殺をはかり,療養生活をおくっていた。平成20年10月27日死去。76歳。宮城県出身。本名は永井清人。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 歌手
  • デビュー
  • 紅白歌合戦
  • エピソード
  • テレビ
  • ムード
  • レコード
  • 事件
  • 作品
  • 出場
  • 出場歴
  • 受賞
  • 受賞歴
  • 大賞
  • 日本
  • 映画
  • 未遂
  • 歌謡
  • 番組
  • 自殺
  • 逝去
  • 連続
  • 関連
  • きよと
  • 低音
  • 本名
  • 永井
  • 清人
  • 独特