生年月日データベース

松井由利夫まついゆりお

作詞家[日本]

1925年 3月18日

松井 由利夫(まつい・ゆりお 1925年(大正14年)3月18日 - 2009年(平成21年)2月19日)は、日本の作詞家。
氷川きよしの恩師として知られる。
1925年(大正14年)3月18日、東京府東京市本郷区(現在の東京都文京区)出身。
本名:松井義雄(まつい・よしお)。
1944年(昭和19年)東京第二師範学校(現在の東京学芸大学)卒業。
1946年(昭和21年)、小学校教員を勤めながら、童謡『希望の丘』で作詞家としてデビュー。
以後、小学校の教員を務めながら、地道に詩作を行う。
1954年(昭和29年)、既に著名作詞家であった石本美由紀の門下生となり、同氏が主宰する歌謡同人誌新歌謡界に入会する。
三宅立美、秋田泰治、星野哲郎、たなかゆきを、八反ふじを、岩瀬ひろしは、当初からの同門詩友である 1956年(昭和31年)6月、マーキュリーレコードの専属作詞家となる。
1958年(昭和33年)、松山惠子歌唱の『だから云ったじゃないの』のヒットを機に、小学校教員を辞し、作詞家に専念するようになる。

■ 映像作品

■ 音楽作品

日本の作詞家。本名は松井義雄。東京都出身。東京第二師範学校卒。 氷川きよしの「箱根八里の半次郎」や「きよしのズンドコ節」、松山恵子の「だから云ったじゃないの」などを作詞した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京
  • 小学校
  • 昭和
  • 三宅
  • 作品
  • 作詞家
  • 学校
  • 師範
  • 役職
  • 教員
  • 文京区
  • 本郷
  • 東京学芸大学
  • 東京都
  • 歌謡
  • 氷川きよし
  • 現在
  • 立美
  • 賞詞
  • まつい
  • よしお
  • デビュー
  • 主宰
  • 以後
  • 入会
  • 出身
  • 卒業
  • 同人
  • 同氏
  • 地道
  • 大正
  • 希望
  • 恩師
  • 本名
  • 松井
  • 石本
  • 童謡
  • 美由紀
  • 義雄
  • 著名
  • 詩作
  • 門下生