生年月日データベース

アルバロ・レコバAlvaro Recoba

男子サッカー選手[ウルグアイ]

1976年 3月17日

アルバロ・レコバ - ウィキペディアより引用

アルバロ・アレハンドロ・レコバ・リベロ(Álvaro Alexandro Recoba Rivero, 1976年3月17日 - )は、ウルグアイ・モンテビデオ出身、元同国代表の元サッカー選手。
東アジア人のような顔立ちをしていることから、チーノ(el chino)の愛称で呼ばれている。
背番号20が気に入っているようで、クラブや代表でよくつけていた。
クラブ ダヌービオFCでプロキャリアをスタートさせると、1996年にウルグアイの名門ナシオナル・モンテビデオへ移籍。
ここでの活躍が評価され、欧州ビッグクラブからも注目される存在となる。
1997年にインテル・ミラノへ移籍。
8月31日、ホームのブレシア戦でデビューを飾ると試合終了間際10分間で2得点を挙げる活躍を見せた(後述)。
その後は暫くは出番に恵まれずヴェネツィアにレンタル移籍するが、ここで本領を発揮。
19試合で11ゴールを決め、セリエA残留に大きく貢献した。
1999年にインテルに復帰し、2001年1月には2006年までの5年契約を結んだ。

Alvaro RECOBA ウルグアイのサッカー選手。 1976年3月17日生まれ。モンテビデオ出身。身長179cm、体重79kg。 ポジションはミッドフィルダー、フォワード。レフティ。 好不調の波は激しいが、類い希なテクニックを持ち得点能力にも優れたファンタジスタ。プレースキックの名手でもある。 1995年に18歳でウルグアイ代表デビューを果たす。 2002年のFIFAワールドカップではフル出場したが、グループリーグで敗退した。 ニックネームは「エル・チーノ」*1。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 代表
  • クラブ
  • サッカー
  • 成績
  • ウルグアイ
  • エピソード
  • タイトル
  • フォワード
  • 個人
  • 引退
  • 獲得
  • 選手
  • アジア人
  • チーノ
  • プロ
  • ポジション
  • 愛称
  • 時代
  • 現役
  • 背番号
  • 顔立ち